胃腸薬は、機能を低下させて症状を抑える成分に注意

 お客様が『ビオスリーHi錠』を購入されるさいに、「ガセリ菌じゃないと効かないから」と言われ、同じ菌種でもメーカーが違うと相性は変わるケースがあることと、どんな良い菌でも最初は体から敵とみなされるため、仲良くなるまで数日かかることをお話した。
 『ザ・ガードコーワ整腸錠α³+』は合わなかったそうだが、菌だけの薬ではないため、他に入っているミネラル分の影響も考えられることを伝えた。

 お客様が『セイロガン糖衣A錠』と『葛根湯』『柴胡桂枝湯』を購入されるので、漢方薬は分かるのかなと思ったけれど、『セイロガン糖衣A錠』と『正露丸』とでは処方構成が違うことを伝えると驚かれたので、念のため今回の漢方薬についてもお話した。
 『セイロガン糖衣A錠』は甘くコーティングしているだけではなく、『正露丸』から鎮痙攣成分と抗炎症成分を抜いてあるため、シクシクとした腹痛には効果が弱いと考えられ、腸には味覚も嗅覚もあるから、あの独特の匂いも効果のうち。
 風邪に使う漢方薬では、風邪の初期にと言われる『葛根湯』は悪寒がする気がするとか頭が重いかもという段階の、早め早めが効果的で、発熱したら『麻黄湯』に乗り換え、熱が下がった後の身体を支えるのが『柴胡桂枝湯』となる。
 ただ、『葛根湯』『麻黄湯』も胃に負担をかけ、体力がある人向けだから、食の細い人や疲れやすい人は風邪の最初から最後まで『柴胡桂枝湯』を使うという方法もある。

 お客様から『ガスター10』を求められたけれど、近所の他のお店の薬剤師も帰ってる時間であることをお話して、苦い水が上がってくるとか食道から胃にかけてジリジリ熱い感じなどの症状は無いというため、そもそも適応しない可能性を説明した。
 主訴は胃痛とのことで、『ガスター10』と似たような効果のある『ガストール』を紹介したうえで、胃に絆創膏を貼るように保護する『スクラート胃腸薬』を勧めて、試していただくことになった。
 お客様には、胃の状態を確かめる簡易な鑑別法として、水とお湯のどちらを飲むと楽になるかを試してみる方法を教えた。
 水を飲んで楽になるようなら、胃が熱を持っているか炎症している可能性が高く、今回の『スクラート胃腸薬』が適応する。
 胃酸の出過ぎも考えられるため、『ガスター10』や『ガストール』も候補になりえるが、先述したように、もう少し明確に胃酸過多を想起できる症状でないと、胃の機能を低下させ症状を抑えるので、使用後の回復に日数を要してしまう。
 そこまで症状が激しくなければ、ちょっとした切り傷に下手に抗生剤や殺菌剤を使うよりも、絆創膏とか『ワセリン』などで保護し、自然に治るのを待つほうが早いのと同じく、胃の機能を低下させるより保護を優先したほうが良い。
 まぁ、大抵の胃腸の不具合は薬なんか使わずとも、消化しやすい優しい食事をするか、水分と塩分と糖分を摂取することを目標に、固形の食事をやめてしまえば回復してしまいますが。
 薬を使うときに大事なのは、薬だけで治そうなどとは思わすに、養生することである。
 そうそう、お湯を飲んで楽になる場合には、胃が冷えているか疲れていると考えられるため、胃の働きを助ける健胃成分が入った『スクラート胃腸薬S』が向いている。
 お客様には銘柄を始めから指定するよりも、まず店員に声をかけるよう勧めた。
 今回案内した『スクラート胃腸薬』のように、同じ銘柄でありながら、無印とSとでは中身が違う薬は非常に多いので、パッケージに書いてある効能だけでは選ぶのが難しい。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート