頭痛にも種類があり、風邪薬を使うのは症状の見極めが重要なので、患者さん本人と連絡が取れるかが鍵

 お客様が解熱鎮痛剤の棚の前で電話したので気にかけていたところ、『バファリンA』を購入された。
 念のためヒアリングすると高齢の母親の頭痛に使うというので、頭痛にも種類があって高血圧の場合には漢方薬という選択もあることを話しすると興味を持たれたので、『釣藤散』『七物降下湯』を紹介した。
 高血圧が影響する頭痛の場合は、朝方に頭が重くて午後にかけて楽になるとか、歩いていると雲の上を歩いてるような目眩(めまい)がするとされている。
 他の頭痛だと、女性に多く発現しズキズキと痛むタイプは胃の不具合と関係していて、最近では気圧頭痛とも呼ばれている。
 つまり気圧の変化で、ステンレスを受けやすい胃が不調になり偏頭痛を引き起こす。
 このタイプの頭痛での漢方薬には、水分代謝を改善する『五苓散』『呉茱萸湯』が適応する。
 肩こりと連動する頭が締め付けられるような緊張型頭痛は、上半身を温めて血流を良くするのが鍵なので『葛根湯』が役に立つ。
 こんなふうに頭痛にも種類があるから、漫然と鎮痛剤を使っている場合には店頭で相談してもらいたいところ。

 若いお客様が解熱鎮痛剤の棚を見ていて『イブA』をレジに持ってきたさいに、気持ちを落ち着ける鎮静成分が入ってることを伝えると、よく分からないようだったため、無印の『イブ』は痛み止めの成分のみなとことを説明した。
 鎮静成分は確かに神経が痛みを感じるのを緩和する手伝いになるけれど、脳の認知機能を一時的にでも低下させてしまうから車の運転などは避けなければならないし、3日以上連続で使い続けると今度は飲まないときにイライラしてしまう可能性がある。
 お客様の用途は生理痛だというので、筋肉の痙攣を抑える成分を加えた専用薬の『エルペインコーワ』を紹介したうえで、イブプロフェンと新型コロナウイルス対策で変に有名になってしまったアセトアミノフェンを合わせると『バファリンルナi』になり、鎮静成分が入っていないことをお話して案内したところ、そちらを購入された。
 そしてお客様には、子宮筋腫や子宮内膜症のお話をして、年に1度は誕生日などに合わせて病院を受診するよう勧めた。
 同じ病院に通ってカルテに情報を蓄積していけば、何か異変があった時に気づいてもらいやすい。

 お客様が『ベンザブロックLプラス』をレジに持ってきたけれど、患者は奥さんで主訴は発熱と喉の痛みということだった。
 家に『イブ』シリーズのどれかがあるそうなので、咳が無ければ先に使ってみることを勧めたところ、あと1日分というため解熱鎮痛剤の棚を案内した。
 総合の風邪薬には、何が何でも咳止め成分が入っており、呼吸の確保のために作用するのが覚醒剤系で、咳を抑えるのは麻薬系なため、咳が無いのに飲むと副作用のみを享受することになりかねないことを説明した。
 例えば覚醒剤系ならば、体は治っていないのに元気になったと錯覚してしまい、麻薬系は心臓を始めとした内臓の機能を低下させるので、かえって体をだるくする。
 そして、家にあるのが『イブ』シリーズのどれか分からないとのことだったけれど、鎮静成分が入ってる物と入っていない物があり、鎮静成分もまた体をだるくさせてしまうことを説明した。
 私が売り場を一旦離れると、奥さんにLINEしたらしく、『イブA』をお買い上げいただいた。
 鎮静成分は入っているが、総合風邪薬よりはだいぶマシであろう。
 ただ、奥さんは食欲はあるそうだが消化にもエネルギーが必要なため、体を治すエネルギーの確保を優先するのに3日間くらいは量を控えて消化に良い食事をするよう伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート