人に処方された薬を自己判断で使わないで下さい。人の話に影響されやすのも困ります

 高齢の夫婦のお客様から、ご主人が毎日8000歩の散歩をしていて右足の太ももがピリピリと痛む感じがすると相談を受け、熱中症の可能性が考えられますとお話すると、息子さんもそう言っているとのことだった。
 そして何か薬をとの希望だったが、血圧を下げる薬などを処方されているらしく、しかも内容は不明で、奥さんに処方されている『ロキソニン』のゲル剤を使ったら少し楽になったというため、塗り薬も持病や内服薬と影響することを説明して、内科を受診するか調剤してる薬局を頼るよう勧めた。
 いくら効果のある薬だといっても、人に処方された薬を自己判断で使うようでは困るから、ちゃんと医師や薬剤師と繋いでおきたい。
 散歩時には飲み物を持ち歩き、散歩の時間は日中を避けるよう勧めたところ、スポーツドリンクを持ち歩いていて、知人はデパートの店内を歩いているとのことだった。
 うちのお店の中も散歩コースにして良いことを伝えたら、『OS-1』について使い方を尋ねられたので、使うのは症状のある時にとお話した。
 手軽に買える『OS-1』は、気軽に使えないんである。
 また、栄養ドリンクについてはコーヒーを飲んでいるそうなので、ノンカフェインの物をと勧めた。

 常連のお客様から『ムヒアルファEXクリーム』と『マニューバEXゲル』のどちらが虫刺されに良いか尋ねられたので、痒みや炎症が強い場所に集中するには、皮膚のバリアを破って浸透しやすいクリームを、範囲が広ければ塗り拡げやすいゲルと説明したところ、前者を購入された。

 高齢のお客様を他の登録販売者が案内していて、『液体ムヒS』に決めてレジに連れてきたので引き継いだところ、近くにあった『OS-1』を見つけて買おうとされるので、パッケージの注意事項を見せて自己判断で使う物ではないことを説明したら驚かれた。
 『OS-1』は他の経口補水液と違ってミネラル分が多く、ミネラルは腎臓などの循環器に負担がかかるため、パッケージには「医師・薬剤師・管理栄養士・登録販売者」の指導で使うようにと書いてあるのだけれど、知らない人は多い。
 知人の勧めで他のお店で箱買いしたそうで、「じゃあ捨てなきゃ駄目か」と言われたので、消費期限までは予備として保管することを勧めた。
 その知人も、人に勧めるのならば注意事項にまで目を通しておいてもらいたいところ。
 お客様から、『VAAM』のようなスポーツドリンクなら汗をかいた時に良いか訊かれ、大丈夫と答えたら「社長が言うんじゃ買わなきゃな」と購入された。
 あう、感化されやすい人なのね(;´∀`)
「勉強になるね。また来るよ」と言っていただけたけど複雑……。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート