皮膚疾患の経過観察に患部の写真撮影を、市販薬での対応は長引く前に医師に相談を

 夫婦のお客様が来店し『レスタミンコーワパウダークリーム』をレジに持ってきたので、塗ると粉を吹くようになって良いか確認した。
 でないと、商品名にパウダーと入っているのに、患部が白くなったと苦情が入ることがあるので。
 粉の正体は酸化亜鉛。
 ベビーパウダーと同じく、皮膚の表面を乾燥させたうえで衣服などと患部が擦れないようにしてくれる。
 ところが患者はご主人で、手のかぶれの痒みが強いというため、ステロイド剤の『プレバリンαクリーム』も案内すると、実は既に使っていて無くなったから他の薬を試そうと思ったそうだ。
 痒みが強いのに薬を弱い物に乗り換えって長引くのも良くないため、継続するよう勧めて『プレバリンαクリーム』をお買い上げいただいた。
 ただ、ステロイド剤もまた長く使うのは問題だ。
 そのため病院の受診も検討するように伝えると、別件で皮膚科を受診しているのに、この件については診てもらっていないというので、医師に相談してみるようお話した。
 また、使った市販薬を医師や薬剤師に把握してもらうために成分表示をお薬手帳に貼るのと、皮膚疾患は経過観察が大事なので患部を数日ごとに写真に撮っておくよう勧めた。

 子供を連れたお客様から『あせもジェル』を求められて売り場を案内したけれど、痒みがあるというので痒み止めがしっかり入った『ユースキンあせもクリーム』と『ユースキンパウダークリーム』の方が適応すると考えられることを説明した。
 すると、子供と自分の2人で使おうと思っているというものの、お客様自身の首回りの患部は炎症が強そうだったため、家に虫刺されの薬があるか尋ねると、ステロイド剤の入った『液体ムヒS』があるというので、それを使う方法もあることをお話した。
 炎症が強い場合には、弱い薬をダラダラと使い続けるよりもステロイド剤で短期決戦を狙ったほうが、患部を掻いて傷になるのを防ぐことにもなる。
 『ユースキンあせもクリーム』をお買い上げいただいたけれど、お客様自身の患部については受診勧奨して、患部が増悪する場合の条件のメモや写真を撮って記録するよう勧めた。
 薬を使い始めた日付も重要で、大抵の人は悪化してから病院に行くため、医師から何日くらい薬を使い続けたかを尋ねられても憶えていないから。

 お客様が『ピアソンHPクリーム』を購入されるさいに、出血してるところに使うと血が止まらなくなることを伝えると、使い続けて良いか質問されたのでヒアリングしたところ、小学6年生の娘さんがニキビに使ってるというため、問題は無いものの治るのには長い期間がかかることをお話し、他の薬の選択もあるので病院を受診するよう勧めた。
 主成分のヘパリン類似物質は血液の流れを良くすることで老廃物を回収し、患部を修復する材料を運んでくれることにより、冬場には乾燥肌対策としても役に立つ。
 血が止まらなくなるというのは、血液が凝固するのを阻害するからだけど、失血死するとかいう心配は無く、うっかり服を汚してしまう程度。
 だけどニキビの原因は、アクネ菌が皮脂腺に溜まって繁殖し炎症を起こしている状態だから、殺菌成分は欲しいところ。
 そして、ニキビ用の塗り薬は市販されていない成分の物もあり、市販薬で対応できるかどうかを早い段階で医師に相談した方が良い。
 それから、患部の額に髪がかっているそうなので、家では髪を上げることと洗いすぎに気をつけるよう伝えた。
 髪が患部に当たると、身体の方は外部からの攻撃と勘違いして皮膚を守るために、アクネ菌の餌となる皮脂を余計に分泌するうえ、皮膚の表面を固めて治りを悪くしてしまう。
 一方、患部を洗いすぎて皮脂が少なくなると、アクネ菌以外の菌が悪さをしたり、皮膚の防衛機能そのものが低下していまう。
 ただ、本人はまだ気にしていないそうだ。
 お客様には、内服薬の『』も紹介した。
 保険の適用薬でもあるから、医師が必要と判断すれば処方してもらえるだろう。
 ニキビというと、塗り薬かビタミン剤を選ばれる人が多いが、漢方薬という選択肢もあるのでぜひ相談してもらいたい。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート