「効く薬」を探すのと同じくらい、「避けたほうが良い薬」に気を使いましょう

 お客様からのど飴を求められ、『浅田飴』を案内しようと思ったけれど、使うのは高齢の母親で、喉の痛みと微熱を訴えており、血圧を下げる降下剤など複数の薬を服用してるというため、案外と他の薬とぶつかる『浅田飴』を避けて、抗炎症剤のアズレン製剤の『パブロントローチAZ』と『アズリートスプレー』を紹介したうえで、お菓子の『龍角散のど飴』をお買い上げいただいた。
 市販薬を買い求めるときにもお薬手帳を持ってきたり、処方箋を発行した病院、あるいは調剤している薬局に相談するよう勧めた。

 お客様が『のどスプレー』をレジに持ってきたけれど、現に喉が痛むようであれば殺菌剤系の物は患部を刺激してしまうのと、体を守る菌も倒してしまうので、炎症を抑えるアズレン製剤を勧めたところ、殺菌剤と抗炎症剤のハイブリットである『パープルショットW』に変更となった。
 お客様からは、殺菌剤が刺激物であることを「知らなかった」と驚かれた。
 傷口に消毒薬を塗るとしみることを思い出してもらえると、分かりやすいと思う。

 常連のお客様から、風邪の予感がすると相談を受け風邪薬を求められたけれど、具体的な症状は出ていないというため、予感の段階から使える『葛根湯』を勧めたところ、だるい感じがするとのことから『柴胡桂枝湯』を紹介し、そちらをお買い上げいただいた。
 上半身を温めて血流を良くして改善する『葛根湯』は、胃など温めると気持ち悪くなる症状には適応しないので、喉の痛みや咳がある場合にも避けたほうが良い。
 対して『柴胡桂枝湯』は、栄養を吸収する胃腸と、様々な化学反応を行なっていて「工場」とも呼ばれることのある肝臓を助けてくれる。
 お客様には、無駄にエネルギーを使わないためにも消化に良い食事をするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート