できるだけ患者さんの要望には応えたいですが、適切な医療機関に相談するのを忘れずに

 お客様が高齢の母親から『正露丸』を頼まれたとのことで売り場を案内したうえで、整腸剤の『ザ・ガードコーワ整腸錠α³+』も紹介したところ、今回は渋り腹で以前は便秘だったというため、胃腸の機能の偏りを整える『桂枝加芍薬湯』も案内した。
 しかし、複数の薬が病院から処方されており、医師には相談していないというので、担当医か調剤している薬局の薬剤師に問い合わせてみるのも良いことをお話すると、本日はお帰りになった。
「いつもありがとうございます」と言われて、常連さんだと分かった。
 どうにも人の顔を覚えるのが苦手で……(´ε`;)ウーン…
 相貌失認症(失顔症)かしらん。
 アレは、脳の機能障害で起こるそうだけど。

 お客様が『メンソレータムAD』と『メンタームEXプラス』を比較していて、前者をレジに持ってきてから、どう違うのか尋ねられた。
 レジに来てからだと、後ろに他のお客様が並んでしまうかもしれないから、もっと早めに呼んでもらいたいところ。
 そうすれば、レジには代わりの人に入ってもらえる。
 今回使うのはご主人とのことで、名前が似ていて痒み止め成分は共通しているものの、後者には水分を皮膚の中にガッチリと捕まえておく尿素が入っていることを説明したところ、乾燥では無いようなので、前者をお買い上げいただいた。
 尿素は使い慣れていないとピリッとした刺激を感じるから、特に乾燥していなければ不要。
 ただ、皮膚疾患というのは見た目だけでも、痒みの強さだけでも、原因はおろか対処の仕方も判断しにくいのが実情。
 酷くなったら病院へと考えがちだが、治療をするか薬を出してもらうかは後で決めれは良いことだから、早い段階で専門家の意見を聞くために受診を先にいるという選択もある。
 お客様には、薬の使用開始日をメモしておくこと、見た目に変化があるようなら写真に撮っておき、病院へ行くとになった時に備えて成分表示はお薬手帳に貼っておくよう勧めた。

 やや高齢のお客様から「薬剤師さん?」と尋ねられ、「違います。登録販売者です」と答えつつ相手を見てみると、両腕の複数の吹き出物から出血していて、お客様自身が血を止めようと患部を捻(ねじ)るため余計に血が流れてきてしまい、床に垂れそうだった。
 止血する薬を求められたけれど、市販薬では効能に「出血」と書いてあっても、明確に「止血」で認可されている物は無い。
 せいぜい、痔の薬や歯槽膿漏の薬など、血管を収縮させて血流を抑える程度の薬があるだけだ。
 そう説明して、さらに何か診断されている病気などがあるのか尋ねても答えてもらえず、しかし処方されている薬があるようなのに教えてもらえないため、調剤してもらった薬局での相談を勧めると、「遠いから」と短く答えてプイッと帰られた。
 あまりに早い翻しに、近所の薬剤師のいるドラッグストアを紹介する暇(いとま)も無かった。
 漢方薬の『三黄瀉心湯』なんかは、昔の文献に刀傷の止血に使ったという記録があるそうだから、『黄連解毒湯』でもいけるんじゃないかと思うけど現物は読んだことないし、何か使っている薬があるのではどのみち使えない。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート