鎮痛成分だけの痛み止めを使うか、複合剤を使うかの検討もしましょう

 お客様が『バファリンルナi』をレジに持ってきたけれど、ヒアリングしたところ頭痛と生理痛の両方に使っているというため、生理痛には専用薬の『エルペインコーワ』もあることをお話した。
 鎮痛剤の他に、変な言い方だが、わざと内臓の機能を低下させる成分が入っており、子宮が元気に働いてしまうのが生理痛の原因でもあるから、鎮痛剤だけより効果が期待できる。
 そして頭痛は後頭部とのことで、肩こりと連動してる可能性をお話して鎮痛剤と漢方薬の『釣藤散』を合わせた『奥田脳神経薬』を紹介した。
 ただ、どちらも副作用として眠くなる可能性を伝えると、痛くて眠くならないとのことで、『バファリンルナi』と一緒に『エルペインコーワ』を購入された。

 お客様が『イブA』をレジに持ってきたけれど、眠気が現れやすい鎮静剤が入っていることを伝えると驚かれ、他の物を求められたため、イブプロフェンだけの『ルリングルアイビー』を紹介したうえで、無印の『イブ』を案内すると変更となった。
 『イブA』と無印の『イブ』はパッケージのデザインが似ているため、普段どちらを使っていたか覚えておらず買い間違えてしまう人は多い。
 お客様の主訴は頭痛とのことだったけれど、急いでるようだったので深掘りできなかった。
 ズキズキするような偏頭痛だと胃の不具合と関係していると考えられるから、食事を消化の良いものに切り替えるのが養生法となり、鎮痛剤を使う機会を減らすために『呉茱萸湯』『五苓散』といった漢方薬の併用も検討するのが望ましい。
 頭が締め付けられる緊張型の頭痛は肩こりと連動してることが多いので、血流を改善する『葛根湯』が使える。
 また肩こりと連動していて、朝に頭が重くて午後にかけて楽になるようだと血圧も関係してきて、先述した『釣藤散』『七物降下湯』が候補となる。

 夫婦のお客様が来店し『ロキソニン』を求められたので、薬剤師のいないうちのお店には置いていないことを説明したうえで、化学構造式の似たイブプロフェン製剤での代用を提案したところ、主訴は喉の痛みとのことだった。
 それには『ロキソニン』では良すぎるし、効くのが早い代わりに持続時間が短いことをお話し『リングルアイビー』を紹介したうえで、『ペラックT』を勧めると両方を購入された。
 併用もできることを伝え、食事は患部への刺激を避けるために噛まないで済む食事をするよう勧めた。

 お客様が『HPローション』を購入されるので、ヘパリン類似物質は出血が止まらなくなるため傷口に注意するよう伝えた。
 擦り傷や引っかき傷などがあるのを気づかずに塗ると、服に血が付いていたなんてことが起こる。
 また、ヘパリン類似物質は水分をも運ぶ血流を良くすることで肌を潤す効果があり、尿素は水分を皮膚にガッチリと捕まえておき、『ワセリン』は皮膚の表面を覆って水分の蒸発を防ぐので、患部の状態や年齢での使い分けも考えられることをお話した。
 例えば肌の乾燥対策は、体内の水分が多い子供なら『ワセリン』で蒸発を防げば充分だし、反対に水分が不足してくる高齢者は尿素で皮膚内に閉じ込めるのが効果的。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート