鼻水と喉の痛みなら、総合風邪薬に飛びつかずに鼻炎薬から始めるのが良いです

 お客様が『新ルルA錠』をレジに持ってきたけれど、患者であるご主人は少し咳がある程度で、喉の痛みも鼻の症状も無いというため『プレコール持続性せき止め』と『コンタックせき止めW』を案内したうえで、患部を潤すのが大事とお話をして『ストナ去たんカプセル』と、上半身に保水する『麦門冬湯』を紹介した。
 そして『ストナ去たんカプセル』に変更となって、他に目の痒みの相談を受けたので『ロートアルガード』をお買い上げいただいた。
 目薬に限った話ではないが使って良い成分が決まっているため、新発見の素晴らしい特別な成分という物は無く、価格と効果に直接的な関係は無いことを説明すると「高いのばっかり買っていた」と言うため、思わず「すいません」と謝ってしまった。
 目の痒みが花粉症だとすれば、もしかすると咳も花粉症のせいかもしれない。
 花粉の大きさや吸い込み方によって、鼻炎は起きずに喉の痛みや咳が現れることもあるので。

 若いお客様が『パブロントローチAZ』を購入されるさいに「良い選択ですね」と伝えると、思い出したように口テープを求められ、一緒にお買い上げいただいた。
 寝る時に口が開いてしまっていると、確かに喉が乾燥して痛くなるから、これもまた良い方法である。
 お客様には、他に胃炎などを起こしている可能性をお話して、消化に良い食事をするよう勧めた。
 胃炎を喉の痛みと感じている可能性の他に、寝ている時に冷たい空気を吸って冷やそうと口を開けているとも考えられる。

 お客様から鼻炎薬を求められたけれど、主訴は鼻水と喉の痛みで、既に『新コンタック600プラス』を使っていたというため、連用すると体内が乾燥して喉の痛みが増す可能性があるので点鼻薬を提案した。
 総合風邪薬に飛びつかずに、鼻炎薬から始めたのは良い判断ですとも伝えた。
 すると『新コンタック600プラス』はまだ家に残っていて、風邪になり発熱した場合を相談されたことから、カフェインなど余計な物の入っていない無印の『イブ』なら併用できることを説明したところ、家には『イブクイック頭痛薬DX』があるとのことでカフェインが重なると眠りの妨げになる可能性をお話した。
 お客様は、シャワー派だそうなので入浴すれば症状が軽くなるかもと伝えた。
 鼻水は内臓が冷えているのが原因と考えられ、喉が炎症しているのは熱を生じることで免疫機能を活性化したり、修復する材料を運ぶ血流を良くしようとしているので、体内を温めるのが一番簡単な養生法となる。
 シャワーのみで済ませる場合には、太い血管が通っている背中側に重点的に浴びるよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート