本当に消毒用アルコールが必要な人に行き渡るよう、買い占めは避けて、手洗いの徹底を

 お客様が『熱さまシシート』を2個購入されるのでヒアリングしたところ、奥さんが38度の発熱でインフルエンザかもしれないというため、家に水枕があればそちらをと勧めたけれど、そのままお買い上げとなった。
 病院には連れて行く予定とのことで、体を休めるのは内臓も含めてとお話して、内臓を休めるために食事はインスタントスープなどで塩分と水分を摂れば充分と伝えた。
 消毒用エタノールが入手できず不安そうだったから、石鹸での手洗いと手の触れるところの拭き掃除、そしてこまめな水分補給をするのが、感染対策になることをお話した。
 確かに消毒用エタノールを使えば手軽ではあるものの、石鹸さえ使わずに流水で30秒以上洗うだけでも感染対策には効果があるから、石鹸やハンドソープを使って手洗いをするのなら、消毒用エタノールの出番は必要無い。

 お客様から『イソジンうがい薬』を求められ売り場を案内したけれど、殺菌剤というのは現に喉が痛む場合は刺激物だから避けた方が良いことと、うがいは水道水で充分なこと、そして使うとすれば家族が風邪をひいたり職場で流行ってる時に限り短期集中でと説明すると、お帰りになった。
 毎日イソジンでうがいをしていたそうで、「勉強になりました」と言っていただけたのだけれど、お帰りになってから体を守る常在菌も消毒てしまうリスクを伝え忘れたことを思い出した。
 まぁ、今さらだし納得してもらえたのだから構わないとはいえ、ちゃんとお話する内容を頭の中で整理しきれていなかったことを反省。

 お客様から消毒用アルコールを求められたが、品切れのため手洗いと手の触れるところの拭き掃除に、こまめな水分補給で予防できることを説明し、不要不急であれば消毒用アルコールの購入を控えていただけるようお願いしたところ、「職場でも伝えます」と言ってもらえた。
 普通に生活できていれば手を洗う回数を増やせば良いだけの人と違い、自宅で闘病生活を送っている人や介護が必要な人など、本当に消毒用アルコールが必要な人に行き渡らないと困る。
 お客様に、会社だとドアノブの拭き掃除はやらないかと思って勧めたところ、デイサービスだからやってるというお返事で、思わず“グッドサイン”を出してしまった( ´∀`)bグッ!

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート