お薬手帳には市販薬の成分表示も貼りましょう! 家族の理解も大切です

 家族連れのお客様から「テレビで見た胃薬を」と注文されたけれど銘柄を覚えておらず、以前に逆流性食道炎と診断され、いつもは『ガスター10』を使っていて実際に胃液が上がってくるというお話から、似た働きをする『ガストール』を案内し、他に『スクラート胃腸薬』と『アバロン』を紹介した。
 漢方薬なら、瀉下剤として働く『半夏瀉心湯』も候補になる。
 ところが家族が、私の話を無視するかのように寄ってたかって横から『太田胃散』や『キャベジンコーワα』などを本人に勧めるので、本人に血圧の薬の使用の有無を尋ねると、血圧の薬の他に血糖の薬も飲んでいると分かり、車にお薬手帳があるというため家族に取りに行ってもらった。
 ホッε-(´∀`*)
 邪魔者がいなくなった(ボソ)。
 待っているあいだ本人には、本来はお店に来る前に担当医に相談したり、あるいは病院に行くほどではないとしても、調剤している薬局で相談するのが望ましいことをお話した。
 家族が戻ってきてお薬手帳を確認すると、さらに尿酸の薬も服用しており、血圧を下げる薬の方はカルシウム拮抗薬と分かったので『ギャクリア』(六君子湯)『半夏瀉心湯』の他に『セルベール整胃』を候補に挙げ、疲労は感じるとのことから『ギャクリア』を使っていただくことになった。
 本人と家族には、胃薬は構成されている成分の種類が多く、他の薬とぶつかりやすいことと、血圧の薬といっても薬によってやってることが違うことを説明した。
 具体的には、先ほど家族が勧めた『太田胃散』や『キャベジンコーワα』は血圧を上げてしまうし、腎臓に負担のかかる成分も入っている。
 血圧の薬にしても、今回のカルシウム拮抗薬は血管を拡張することで血圧を下げる作用のもので、他には血液をサラサラにすることにより血圧を下げる
ものや、利尿作用によって血圧を下げるものというように、体の中で何をやっているかの確認が必要。
 本人には、お薬手帳があれば災害時に医師の診察を受けなくても薬を受け取れることと、救援物資にその薬を依頼することもできますと説明した。
 そして、お薬手帳を持ち歩くのは良い事とベタ褒めして、市販薬の成分表示も貼って一元管理するよう勧めると、「忘れるから貼ってくれ!」と言われ一瞬戸惑ってしまったが、せっかくなので箱を開封して成分表示を貼った。
 他の人に、もぜひ真似してもらいたいと思う。

 上記のお客様の対応中に、高齢のお客様から『イソジンうがい薬』の主成分であるポビドンヨードの2種類の比較を尋ねられ、どちらもブランドが違うだけで中身は同じと答えたうえで、現に喉が痛む時には刺激物だから避けたほうが良いことと、予防という観点では体を守る菌も殺してしまうから不要と考えられ、使うとすれば家族が風邪をひいている場合だけ集中的にと説明した。
 説明が駆け足になってしまい、そのまま購入された。
 1人の患者さんに集中して対応する余裕が無いのが、店頭で一番困るところ。

 お客様から、『キュアレアa』と『イハダプリスクリード』の比較を尋ねられ、炎症を抑える主成分は同じで、前者のほうが痒み止め成分が多いことを伝えると、顔の痒みにとのことで前者を購入された。
 顔にも塗れる薬ではあるものの、本当に目のキワはさすがに塗らないほうが良いため、痒み止めの入った花粉症の目薬を塗る方法があることを伝えた。
 その方法は薬剤師さんから教わったんだけど、薬剤師のことを「あの人たち頭おかしい」と、化粧水を忘れたらビタミン剤を含む目薬を塗るなんてお話をしたらウケた。
 薬剤師さん、ごめんなさいm(_ _)m

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート