薬の成分と効能を知ることは、お金の節約にも役立ちます

 若いお客様が、喉の痛みの薬を色々と見て迷っている様子で『龍角散ダイレクト』を購入されたのでヒアリングしてみると、3日くらい前からズキズキするというため鎮痛剤の使用も検討してみるよう提案したところ、家に『バファリンA』があるというので併用できることを伝えた。
 特に『バファリンA』の主成分であるアスピリンは、末梢神経に効果があり「痛い場所」で効くのと、炎症を抑える効果も高いから、持っているのに使わないのはモッタイナイ。
 でも、鎮痛剤の効能に「咽頭痛」と書いてあるのを知らない人は多く、家にあっても喉の痛みに総合風邪薬を買いに来てるというパターンには何度も遭遇している。
 お客様には、温かい物を積極的に飲むと症状が落ち着くかもしれないと伝えたところ、ドリアを食べたというので「良いことです」とお話して、2~3日は噛まないで済む食事をするよう勧めた。
 体の方にはウイルスなどの外敵と戦ったり患部の修復に材料を運ぶ血流を良くしたりしようと患部を炎症させたい目的があるから、気持ち良いからと冷たい物を飲食すると、「もっと炎症しなきゃ」と頑張ってしまうので、その必要が無いことを体に教えてあげるほうが良い。
 そのためには、入浴したりお腹周りを保温するのも効果的。
 そして、食べ物が患部である喉をこするのも良くないから、喉が痛くなったらすぐに食事を切り替えるのが得策。

 子供を連れた夫婦のお客様が『ムヒ鼻炎シロップ』と『ムヒせきどめシロップ』を一緒に買おうとされるのでヒアリングしてみたところ、主訴は鼻水と咳とのことだった。
 実は、鼻炎薬と咳止めの成分の効果は被っていることが多く、どちらか一方の薬で両方の面倒を見ることができる。
 それに、病院に耳鼻咽喉科があるように、繋がっているから片方の症状の改善により、もう片方の状態も良い方に引き上げてくれる。
 だから、症状が激しいと思われる方を選択すれば充分に効果が期待できる。
 そう説明すると、『ムヒせきどめシロップ』の方をお買い上げいただくことになった。
 他に自分の分として『エスタックイブ』を購入されるので、咳が出るまでは喉の痛みには鎮痛剤を、鼻の症状だけならば鼻炎薬を使った方が体への負担が少なくなることを説明した。
 また、鼻水は内臓の冷えが原因と考えられ、温か物のを積極的に飲ませて、下半身に厚着をさせるよう勧めた。
 お風呂に入るのも、内臓を温めるのに良い方法であることを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート