処方の内容さえ分かっていれば、薬はブランド名に拘らず安い物がお得かも

 家族連れのお客様が虫刺されの棚を見ていて『ムヒSクリーム』を選ばれたので、案内を申し出て弱めな薬であることを伝えると驚かれたため、『液体ムヒS 』との違いの他に、携帯用サイズの『ポケムヒ』と『プチウナ』も処方が異なることを説明した。
 痒み止めが主体の『ムヒSクリーム』が基本とすれば、炎症を抑える効果の高いステロイド剤を加えてあるのが『液体ムヒS 』なので、剤形が変わると処方内容も変わる薬の代表。
 一方、液剤である『ポケムヒ』と『プチウナ』にはステロイド剤は入っておらず、基本の痒み止め成分は同じだけれど、弱い局所麻酔成分が加えられてる分だけ『プチウナ』の方が痒みを感じにくいと考えられ、こちらは同じ剤形でも処方内容が異なる。
 市販薬はこういう事があるので、店頭ではまず相談してもらえるのが望ましい。
 今回のお客様は『液体ムヒS 』を購入され、虫刺されは痒いことよりも感染症の方が心配なので虫除けを使うよう勧め、虫除けのスプレータイプは掌に出して体に塗るようにと伝えた。

 子供を連れたお客様から虫刺されのパッチを求められ売り場を案内すると、アンパンマンの『ムヒパッチA』を選ぼうとされたけれど、同じパッチでも成分が違う物であることを伝えると、すでにかなり刺されていて患部の炎症が強い様子だったため、ステロイド剤の入った『マキロンパッチエース』を勧め、お買い上げいただいた。
 また、ついでながら『ムヒSクリーム』と『液体ムヒS 』では中身が異なることと、『ポケムヒ』と『プチウナ』も似ているけれど中身は違うことを説明した。
 薬の所在を尋ねられて売り場まで案内しすると、たいていそのままお客様自身で選び始めて、肝心の症状については相談してもらえないけれど、並んでる商品の価格には人件費が含まれていて、さらにその人件費には私たちが持ってる“情報”も入っているから、ぜひ商品と一緒に持ち帰ってもらいたい。
 お客様には、虫刺されは痒みに困るというだけでなく、感染症の方が怖いので虫除けスプレーを使うようお話し、吹き付けるのではなく体に塗るよう勧めた。
 虫除けスプレーの薬剤を吸い込まないようにしようと体から離して吹き付けても、服の表面に薬剤が降りかかるだけになってしまうので、特に服から出ている部分は掌に出して塗りつけてしまったほうが確実。

 お客様が、キャンプに行ってブヨに喰われたみたいというので、強めの薬を使うよう勧めて『ムヒEXアルファ』と『マニューバEXゲル』を案内したところ、価格の安さで後者を購入された。
 処方の内容さえ分かっていれば、薬はブランド名に拘らず安い物を選んでも構わない。
 一般に「」という言葉もあるが、針で刺すのは蚊ぐらいのもので、他の虫は牙でガリッと喰われ炎症が強く出がちだから、虫刺されにはステロイド剤入りを備えておいたほうが対象の虫の幅が広がり対処しやすい。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート