病院から処方された薬を使ったあとに残った症状は、副作用の疑いもあります

 お客様が消毒系の喉スプレーをレジに持ってきたので、喉の痛みには向いていないことを伝えると興味を持たれ、抗炎症系のアズレン製剤を案内したところ変更となった。

 喉の痛みというのは風邪だけに限らず胃炎の可能性もあることをお話すると、口内炎があると言われたため、むしろアズレン製剤が適応することを伝えた。

 というか、どうして口内炎の相談は無かったのだろうか。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様が『ヴィックスドロップ』を購入されるさいにヒアリングしてみると、主訴は喉の痛みで、発熱したため病院で処方された薬があるとのことだった。

 処方された薬は覚えておらず、抗生剤や咳止めの成分によっては体内が乾燥して喉が痛む場合もあることを伝えたのだけれど、何かを売りつけられると警戒されてしまったらしく、耳に入らないようだった。

 せめてもと、こまめな水分補給をと勧めたが、それも伝わったかどうか……。

 『ヴィックスドロップ』を選んだのも、薬が処方されていても「医薬指定部外品の飴だから安全」と思ったのか、処方された薬で満足できずに医薬品と思ってなのかで話が変わるから心配。

 飴の形をしていてもリスクの高い指定第2類医薬品の物もあるし、処方薬が効かなかったのか副作用を起こしているのかを推測するには、お薬手帳などの情報が必要で、処方薬の内容を覚えていないという段階で心配になる。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から『ロキソニン』を求められたが、お店には置いていないので、化学構造式が似ているイブプロフェン製剤での対応を提案したところお話を聞いていただけたので、カフェインの入っている『バファリンルナi』と入っていない『グレランビット』を紹介し、前者をお買い上げいただいた。

 主訴は頭痛でズキズキするタイプというため、胃の不具合とも関係することをお話しして、その頭痛がする時には食事も胃に優しい物にするよう勧めた。

 頭痛で食べる物を変えようと思う人は少ないだろうが、ズキズキタイプの偏頭痛持ちの人は、体を安静にしたほうが楽になる点からしても、内臓を休ませる食事に切り替えるのが吉です。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!