患者さんの希望第一で良いのか、お客様が選んだ物を最優先で良いか、悩むコトが多いです

 『葛根湯』を見ていたお客様が『改源』をレジに持ってきたのでヒアリングしたら、高齢の母親が咳をしており「生薬が良いと思った」というため主訴に合わせて上半身を潤す『麦門冬湯』を提案した。
 上半身を温める『葛根湯』は、余計に咳の原因になってしまうから避けたのは良かったけれど、『改源』には生薬が入っているとはいえ解熱剤のアセトアミノフェンと薬効を強めるために入ってるカフェインは、咳だけならば不要な成分である。
 すると母親には認知症の薬が処方されていて、その薬の名前が分からず、『麦門冬湯』がぶつかる可能性は極めて低いとはいえ、保険の適用薬でもあるため担当医に相談するよう勧めてみたが、購入された。
 そして、市販薬も成分表示をお薬手帳に貼って処方薬と一緒に一元管理することと、市販薬を購入するさいも担当医か調剤している薬局の薬剤師に相談するようお願いした。
 今回のように、こちらから声をかけないと病院で処方されている薬があることを告げない人が多いけれど、市販薬を買う場合もお薬手帳を持参して、処方されている薬と併用して大丈夫かは確認してもらいたい。

 お客様から喉の乾燥感について相談を受け、熱感もあるというものの体温は測っておらず、家に『ロキソニン』と以前に病院で処方された『PL顆粒』があるというため、まずは主訴に合わせて『麦門冬湯』を提案し、他の症状も現れたら『PL顆粒』も併用できることをお話した。
 ただ『PL顆粒』は病院から処方された物だから、調剤した薬局に使って良いか問い合わせてみるようお願いした。
 今回は『麦門冬湯』をお買い上げいただき、食事は消化に良い物をと勧めた。
 また、自力で熱を出すのは体力を使うので入浴を勧めたところ環境的に難しいようなため、シャワーの浴び方を教えた。
 体を温めるためには全身を巡っている血液を温めることが重要だから、太い血管の通っている背中側にできるだけ長く浴びるのが良い。
 髪や体を洗っている間は、背中をシャワーに向けておくのが一番簡単である。

 お客様から喉の痛みと咳の相談を受け、発熱したさいに『ロキソニン』を使っていたとのことで併用しても大丈夫な『龍角散ダイレクト』と『マードレトローチ』を案内してみたけれど、錠剤でないと飲めないという。
 乾いた音の咳をしていたから潤すために『麦門冬湯』を勧めたいところだったが顆粒しか無いため、『ベンザブロックせき止め錠』を案内してみたら、ご自身で『新ルルAゴールドDX』を選ばれた。
 喉の痛みを抑える成分と咳止めが入ってるから大きく外れてはいないものの、鼻水を止める成分が体内を乾燥させてしまうため避けた方が良いとお話すると、「鼻水もあるから」とのことでそのままお買い上げとなった。
 うーむ、これはヒアリング不足だったか。
 でも、鼻水を止める成分の一つであるベラドンナ総アルカロイドを使う鼻水は、放っておくと垂れてくるくらいの場合だから、やはり適応しなかったのではとも考えてしまうし、2種類入っている咳止め成分の片方が、やはり体内の保水機能を狂わせてしまうため、同じ咳止めでも乾燥性の咳には向かない。
 先に『プレコール持続性せき止めカプセル』を、案内しておくべきだったか?
 本当に患者さんの選択を優先して良いものか、と悩むこと多し。
 お客様には、患部を刺激しないよう噛まないで済む食事を勧めた。
 発熱したとなると内臓はまだ熱を持っており、胃炎を起こしてる可能性もあるからだ。

 お客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は咳と鼻水で熱や喉の痛みは無いというため咳止め薬を提案し、鼻炎に効く成分も入っていることを説明して『パブロンSせき止め』を案内したところ変更となった。
 咳の音が湿っているようだったので内臓が冷えてる可能性を伝え、積極的に温かい物を飲み、上は薄着をしても下半身は厚着をするよう勧めた。
 入浴はしているそうなので、それは良いことだから続けて下さいとも伝えた。

パブロンSせき止め
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート