同じ形の薬でも成分が違えば効き方も違うので、成分の比較を忘れずに!

 お客様が『マキロンかゆみどめパッチポケモン』をレジに持ってきたさいに、虫刺されの薬としては弱めであることを伝えると興味を示されたので、同じパッチタイプでも痒み止めがメインの物と、炎症を抑える効果の高いステロイド剤があることを説明した。
 他の剤形も含めれば、この2種類の中でも痒み止めに局所麻酔を加えて痒みを感じにくくする物と、ステロイド剤でも強さ別に2段階の違いがあることもお話した。
 『マキロンかゆみどめパッチポケモン』はアンパンマンの『ムヒパッチA』と同じく『ムヒSクリーム』くらいで一番弱く、局所麻酔の入った『ウナコーワクール』の方が少し痒み止めとしては優位で、ステロイド剤の入った『マキロンパッチエースF』が『液体ムヒS』と並んで、それより強いステロイド剤が『ムヒアルファEX』や『ウナコーワエース』となる。
 今回はパッチタイプが希望でもあったため、『マキロンパッチエースF』に変更となった。
 虫除け対策はしているそうなので、スプレーならば体に吹きつけるより塗るのが効果的なことを伝えた。

 お客様から『液体ムヒアルファEX』と『液体ムヒS』ではどちらが強いか質問され、抗炎症成分であるステロイド剤は前者が強いものの、薬は目的によって選ぶ剤形も変わり、液体が塗り拡げやすく手が汚れないのに対し、同じ処方構成であればクリーム剤の方が皮膚に浸透しやすく調整されている分だけ効き目が良いと考えられることを説明した。
 今回は『液体ムヒS』を購入され、虫除け対策をしていないというため、虫刺されは痒くなったり腫れたりするのが嫌なだけではなく、感染症の原因となる菌やウイルスなどを運んでくるのが怖いので対策は必要とお話をした。

 お客様がイカリジンの虫除けスプレーと『ポケムヒ』をレジに持ってきたので、イカリジンはディートより安全性が高いとされている反面、効果のある虫の種類が限られることとと、『ポケムヒ』は虫刺されの薬としては一番弱い薬であることを伝えたところ、野外に出かけるというため、どちらも野外には向かないことを説明した。
 しかし、子供に使うのにディートに不安があるようだったため、虫除けスプレーの効果を高めるために体に吹きつけるだけでなく掌に出して塗るように勧めたうえで、虫刺されの薬はステロイド剤の『ウナコーワジェル』を紹介して変更となった。
 ディートも、人間と虫とでは神経の仕組みが違うから悪影響は少ないとされているのだけれど、不安感は気持ちの問題だから致し方なし。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート