分からないのにどうして相談してくれないのか

 幼児を連れたお客様が風邪薬の棚を見ていたけれど、系統の違う物を見比べていたため気にかけていたところ、『パブロンS ゴールドW』をレジに持ってきたので喉の痛みに弱いことを伝えたところ、主訴は鼻水と咳とのことだった。

 咳が無ければ鼻炎薬を提案するところだが、風邪薬を希望されたたため、より主訴に適応するものとして『ルルアタックNX』を提案し変更となった。

 そして、消化にも意外と体力を使うのと鼻や喉の症状は胃と密接に関係するので消化に良い食事をするよう伝えた。

 説明してる間、退屈した子供がいたずらして、薬を棚から出して品切れで空いている他の棚に入れ込んでいた。

 空いてるところを埋めたかったんだろうか……(;´∀`)

 外国人と思われるお客様から、片言の日本語で鼻水と頭痛があり、喉は痛くないものの痰が出るという相談を受けたので、去痰剤の入った『ルルアタックNX』を案内した。

 また、目がムズムズするとのことから『ロートアルガード』を勧めて、一緒にお買い上げいただいた。

 幼児を連れたお客様が『銀翹散』『麻黄湯』といった系統の違う漢方薬を見比べていたので声をかけてみたけれど、案内は断られた。

 しばらくして『小青竜湯』と『甘草湯』を併用してよいか尋ねられ主訴をヒアリングすると、鼻づまりと喉の痛みというため、『小青竜湯』は適用しないことを説明した。

 鼻汁が喉に落ちてくることは無いようだから『辛夷清肺湯』は除外となり、喉の痛みより鼻づまりが気になるとのことから『荊芥連翹湯』を候補に挙げてみたが、風邪に進むことも考えて『銀翹散』を提案し、試していただくことになった。

 不思議なことに、鼻づまりなのに『小青竜湯』を選ぶ人は多い。

 効能書きには鼻水は書いてあっても、鼻づまりは書いていないのに何故なのか。

 そして、分からないのにどうして最初に相談してくれないのかが分からない(´・ω・`)

以下の記事も読まれています。

 

1 Comment

  • 面倒で相談したくないので薬局ではなくてドラッグストアを利用するお客様が殆どかと思います。あれ、このドラックストアは、ほかのドラッグストアとは少し違うな、それじゃ少し聞いてみようか、やはり、誘導トークですね。

     

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!