新型コロナウイルスにアセトアミノフェン製剤が良いというのは誤報です

 お客様からアセトアミノフェン製剤を求められ、『タイレノール』が品切れになってしまったため、子供用だけど単味剤の『バファリンルナJ』と、複合剤の中でも依存性のある鎮静成分の入っていない『ノーシン錠』を紹介したけれど、新型コロナウイルス対策だというため、根拠が無いことを説明した。
 もともとはフランスの保健省の大臣が言い出してことで、それがマスコミを通じて日本でも大々的に報道され、保健省が後で撤回したのに何故かそれは報道しないのだから、本当にマスゴミは役に立たないヽ(`Д´)ノプンプン
 お客様は家に『バファリンA』があるそうなので、使ったことのある薬を変えると合わなかったりアレルギー起こすこともあるから、あえて変えない選択もあることをお話すると、お帰りになった。

 お客様が雑貨を購入されたけれど、レジに並ぶ前に『バファリンルナJ』を見ていたので、何か気になることがあるのか尋ねてみると、やはり新型コロナウイルス対策とのことだった。
 しかし、複数の薬が処方されているそうなので、自己判断せずに調剤してる薬局に相談するよう勧めた。
 調剤薬局を、病院に行ったときにしか用が無いと思っている人が多いけれど、病院に行こうかどうしようか、家にある薬で何を使うべきかといった相談に応じてくれる医療機関なので、しっかり活用して欲しい。

 お客様から鎮痛剤の棚を尋ねられ売り場を案内すると、ご家族が偏頭痛とのことで、今まで『イブ』を使っていたというものの、鎮痛成分だけの無印『イブ』と、脳の機能を低下させるうえ依存性のある鎮静成分の入った『イブA』の、どちらを使っていたか分からないという。
 似たようなパッケージデザインにしている製薬メーカーが悪いのだけれど、市販薬は製品名よりも成分表示のほうが大事なので、パッケージを保管しておくか成分表示を、お薬手帳に貼っておくと管理しやすい。
 イブプロフェンを『イブ』より濃くしている『リングルアイビーα200』と、アセトアミノフェンと合わせカフェインを加えた『バファリンルナi』の他に、さらに鎮静成分を加えた『バファリンプレミアム』を紹介した。
 今回は『イブ』の無印を購入され、ズキズキするタイプの頭痛は胃の不具合とも関係するため、食事は消化に良い物にするよう伝えると驚かれた。
 まぁ確かに、頭痛がするから食事に気をつけようという人は少ないかもしれない。
 ちなみに、肩こりと連動した締め付けられるような頭痛は食事よりも運動のほうが大事で、上半身の血流を良くするために腕立て伏せを1日20回くらいすれば軽減するから、お試しあれ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート