虫刺されの薬と汗疹(あせも)の薬は、少し成分が違いますが相互に使えます

 お客様から汗疹(あせも)の薬を求められ、『ユースキンあせもクリーム』の他に『ユースキンあせもクリームパウダーin』と『テオドランホワイトL』を案内した。
 後者の2つは酸化亜鉛、いわゆるベビーパウダーに入っているのと同じで、皮膚同士や肌が服と擦れるのを防いでくれる。
 すると、家にステロイド剤入りの虫刺されの薬『ムヒアルファS2』があるというため、炎症の強い患部には使えることを伝えた。
 家にある薬がそのまま使えるケースもあるので、お店に来る前に家の薬を写真に撮ってきてもらえると、無駄な買い物をせずに済みます。
 今回は『ユースキンあせもクリーム』を購入され、シャワーで過ごしているそうなので、目詰まりした汗腺を開くために入浴するよう勧めた。
 汗をかくこと自体が汗疹の原因と考えて入浴せずにシャワーで済ませてしまう人がいるが、環境の都合で湯船に入れないのならともかく、汗疹は汗腺が目詰まりして炎症を起こす症状でもあるため、ゆったりとお湯に入って皮膚を緩ませたほうが目詰まりを解消するほうが良い。
 また、血行が良くなることで体内に溜まる熱を放出しやすくなるし、老廃物の回収や壊れた細胞の材料を運んで修復するのにも役に立つ。
 どうしてもシャワーしか使えないようであれば、せめて血流だけでも良くしたいので、太い血管の通っている背中側に少しでも長く浴びるようにしてみて下さいな。

 お客様が『ユースキンあせもジェル』を購入されるさいに、『ユースキンあせもクリーム』と違い炎症を抑える効果は弱く、あくまで予防薬であることを伝えたところ、シャワーで過ごしていると分かったため入浴の効果を説明した。

 子供を連れたお客様から汗疹(あせも)の相談を受け、複数箇所で痒みが強いというためステロイド剤入りの虫刺されの薬も使えることをお話したところ、家に『液体ムヒS』があるというので先に使ってみてはと提案した。
 すると、虫刺されの薬は子供が使うから別にしたいというので、家族でも使う薬を分けるのは良いこととお話したうえで、ステップダウン方式と、軟膏とクリーム剤の使い分けのお話をして、同じくステロイド剤の『プレバリンα軟膏』を試していただくことになった。
 ステップダウン方式というのは皮膚疾患や捻挫とか打撲などの、急性で強い症状における対処法のことで、弱い薬でダラダラと長引かせるよりも初めに強い薬を使い、しかし良く効くからと長くは使わずに症状が軽減してきたら薬も弱い物に乗り換えていく方法である。
 もちろん、強い薬を使って短期間で完治したのなら、そこで薬を使うのはやめて良い。
 そして、軟膏とクリーム剤を好みで選ぶ人がいるが両者は目的が違い、外部からの侵入を防ぐバリア機能のある皮膚に浸透させるために調整されているのがクリーム剤で、ベタつくことにより患部を保護する絆創膏代わりにもなるのが軟膏。
 他に、患部が広範囲の場合に塗り拡げやすい液剤や乳液剤もある。
 主成分が同じならば、クリーム剤のほうが効き目が良いと考えられ、患部が皮膚同士や服と擦れる箇所の場合には軟膏で保護するのを優先する。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート