薬を代理で買いに来た人の話を鵜呑みにできないし、本人がいてもヒアリングは簡単ではない

 高齢のお客様から鎮痛剤を求められたけれど、患者は奥さんで頭痛を訴えており、今まで使ったことがないうえ痛み方も分からないというため、奥さんに電話してもらった。

 するとズキズキした痛みで吐いたと分かり、『ギャクリア』(六君子湯)を案内し、お湯に溶いて舐めるように飲む方法を教え、お買い上げいただいた。

 普通に水やお湯で飲んでしまうと胃は構造上、上部に物を貯め込むようになっているため、飲んだ薬を吐いてしまうかもしれないので、粉ならば少しずつ飲む工夫が必要。

 そして、スギスギするタイプの頭痛は胃の不具合と関係するから、本当は『呉茱萸湯』の方を紹介したいところだったのだけれど、生憎とうちの店には取り扱いがない。

 他には、やはり水分代謝を改善する『五苓散』という選択もある。

 いずれにせよ、最初に注文された鎮痛剤をそのまま案内しなくて良かった。

 お客様は寝室が別というので、痛み方の変化、特にトンカチで内側から叩かれるような激しい痛みの場合は 、緊急外来で病院を受診するように伝えた。

ギャクリア

 成人の親子のお客様から『新ビオフェルミンS』を求められヒアリングすると、週に2回くらいの便通というため、苦満感などが無ければそれが本人にとって普通の便通とお話したところ、親から「便が硬いようだ」との言葉があったので本人に確認してみると、首をかしげていた。

 症状を代弁してくれる人と、本人の認識が異なるというのはよくあること。

 だから薬を代理で買いに来た場合には、本当にそうなのかと疑いたくなってしまう次第。

 ただ今回は、本人が自分の考えや気持ちを言語化するのが苦手な様子だった。

 乳酸菌の中には胃酸に弱く腸に辿り着く前に多くが死滅してしまう種類もあり、腸内で育て直す納豆菌の入っている『新アペテート』を紹介すると、そちらを購入された。

 乳酸菌を摂るために漬物も良いことをお話すると、親は塩分を心配して避けているようだったが、血圧にそこまで関係してる訳では無いことを伝えた。

 お帰りのさいには、「ありがとう」という言葉をいただいた。


 お客様から『アリナミンEXプラスα』の大容量を注文され、うちのお店では少量しか取り扱っていないことと、 『アリナミンEXプラス』とはビタミンB2だけの違いと説明した。

 細胞の発育促進に役立つのがビタミンB2だけれど、体感できるほどの違いがあるかというと微妙。

 頼まれ物で、本人は暑い国に在住しており、主訴は眼精疲労と肩こりというお話だった。

 室内は冷房のせいなのか寒いようだというため、成分違いで血流を良くする成分も入っている『Q&Pゴールドαプラス』を紹介し、お湯に浸したタオルを目に当てたりシャワーを太い血管の通っている背中側に浴びる養生法を伝えたところ、お買い上げいただいた。

 他に『ユンケルB12アクティブ』や『ベリックスネオ』なども紹介したところ、本人が帰国したら改めて選ばせてみるとのことだった。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。