患者本人が来てくれないと困る、患者本人だけでも困る

 ご主人から『サクロンQ』を頼まれたというお客様が来店し、置いていないことと、『サクロン』とは中身が別物であることを説明し、そして主成分のオキセサゼインの入った他の市販薬は無いはずなので、足で探すのは難しいためネット通販での入手を勧めた。

 また、本来は症状によって薬を使わ分けた方が良いことと、胃の症状を簡易的に見分ける方法として、水を飲んで楽になるか、お湯を飲んで楽になるかを試してみることをお話しした。

 すべての症状に当てはまる訳ではないが、水を飲んで楽になるようであれば胃炎や胃熱を起こしていると考えられ、お湯を飲んで楽になるようなら胃が冷えているか機能が低下している可能性が高い。

 オキセサゼインは胃の働きをわざと悪くすることで症状を緩和する成分であるから、胃の機能が低下してる時には使ってはいけないというように鑑別する。

 適応する症状としては、胃酸が出過ぎて空腹時にも痛むような場合だ。

 ご主人に、どこまで伝わるかが心配( ´Д`)=3


 お客様が『ヴィックスドロップ』を購入されるさいに、もし喉が痛いのならばと抗炎症成分の入った『パブロントローチAZ』と『マードレトローチ』を紹介したところ、主訴は喉の乾燥感とのことだった。

 病院で『ロキソニン』と咳止めの薬の他にも何か処方されたというので、副作用か発熱で体内が乾燥してる可能性をお話した。

 喉を潤すためには現代薬なら『ストナ去痰カプセル』、漢方薬なら『麦門冬湯』を提案したいところだが、お薬手帳を持ってきておらず、処方薬の内容が分からないため、やめた。

 お客様には、内臓の熱を取り除くためには胃腸を休ませたほうが良いとお話して、消化に良い食事に切り替え量を控えるように勧めると、「なるほど」と納得していただけた模様。

 お薬手帳は、持ち歩いて下さいな( ^ω^ )

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.