鼻炎と咳や喉の痛みの症状は一つが解決すれば、まるっと治ることも期待できます

 お客様が風邪薬の棚を見ていたので声をかけたところ、14歳の子供が部活で水筒を回し飲みをしていたことから風邪だと思うというお話だった。
 主訴は鼻水と咳とはいえ、それだけでは風邪とは限らず、鼻水は内臓の冷えが原因とも考えられるため、温かい物を積極的に飲むよう勧めると、アイスを好んで食べているというので、食べる時には温かい飲み物を一緒に用意するようお話した。
 そして、咳の方が強く出ているというお話から、鼻水にも効果が期待できる咳止めとして『パブロンSせき止め』を案内すると購入された。
 もし鼻水の方が酷くて咳が軽ければ、咳止めにも効果がある成分を含んだ鼻炎薬の方を勧めていた。
 総合風邪薬には、解熱鎮痛剤に鼻炎薬と咳止めなどが入っていて一見お得のように思えるかもしれないけれど、体からすれば使いもしない余計な成分が入ってくれば処理しなければならず、そこで無駄なエネルギーを消費すると、そのせいで本格的な風邪に進行してしまうことがある。
 だから、出ている症状のうち抑えたい方から先に対応するのが良い。
 鼻炎と咳や喉の痛みの症状は、鼻から喉を通って胃や肺にまで繋がっており、どれか一つを解決するだけで他の症状も連動して回復することが期待できるし。

パブロンSせき止め

 子供を連れたお客様が、病院で『PL顆粒』を処方されたとのことで栄養ドリンクを相談され、体をゆっくり休めるためにノンカフェインの『ヒストミンゴールド液プラス』を案内したところ、海外に行くというので液剤より顆粒か錠剤が持ち運びに良いのではとお話し、『柴胡桂枝湯』を紹介すると購入を決められた。
 『柴胡桂枝湯』は、風邪にも胃腸炎にも使えて便利かつ、海外では入手しにくい薬なので、海外に渡航するお客様によくお勧めしている。
 お客様は「少し休めば動ける」と言っていたけれど、それは脳が感じているだけで体がついてこれるとは限らないから油断しないようにと伝えた。
 特に、無理に栄養を摂ろうとして食事をガッツリしてしまうと消化にエネルギーを取られて長引く可能性があるため、体と同様に内臓もまたゆっくり休めるのに消化に良い食事をするよう勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート