熱いお風呂が痒みの原因に? ぬるいお湯に入ってから追い焚きがオススメ

 お客様から、首回りと肩に足などの痒みの相談を受けた。
 毎年季節の変わり目になるそうで、家に虫刺されの薬があれば使えることをお話したうえで、油分のある『メンソレータムADボタニカル』を紹介した。
 油分があるとベタつくから嫌がる人もいるけれど、油分で患部を保護して服と擦れるのを防いだ方が良い。
 そう説明して『メンソレータムADボタニカル』の使用を決められると、『液体ムヒS』も購入された。
 ステロイド剤の入ってる『液体ムヒS』があると、たいていの痒みや炎症に使えて便利ではある。
 お客様に入浴の仕方を尋ねたら、熱めのお湯に短く入っているというので、ぬるめでの長湯を勧めた。
 熱いお風呂に入ると血管がキュッと締まって、それを短時間で上がることにより今度は血管が一気に開き、ドッと流れた血流で血管の内側が擦られ炎症すると、それが痒みの原因にもなるので。
 もし熱めのお風呂が好きということであれば、ぬるいお湯に入ってから追い焚きすると良い。

 若い夫婦のお客様が子供を連れていて、お菓子コーナーで子供が湿った咳を繰り返していたため声をかけてみた。
 湿った咳は内臓が冷えてる可能性があるので、牛乳やココアなど温かい物を積極的に飲ませて、薄着だったことから上は暑さ対策に薄着にしても、下半身は厚着をさせるよう勧めた。
 お客様には、「スゴイ」と驚かれた。
 ただ最初に声をかけた段階で不審がられてしまうこともあるので、なかなか難しいんである。
 名札を付けて、白衣は着てるんだけどねー。
 何が買わされるんじゃないか、と警戒されるし。
 スーパーやコンビニと違ってドラッグストアでは、薬を買うつもりが無くても健康相談をしてもらえると養生法を案内することもできるので、ぜひ気軽にしてもらいたいところ。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート