医者の情報を知ってるのは医者だから、ネットで探すより担当医に相談してみよう

 お客様が『パブロンSせき止め』をレジに持ってきたけれど、激しくなければシンプルな処方ではどうかと提案し、『ブロン錠』と『ブロン錠エース』を紹介した。
 両者の違いとしては、どちらもパッケージに「せき・たん」と書いてあるが、『ブロン錠』は「咳をすると出る水様性の痰」がある場合に適応し、『ブロン錠エース』は「痰が喉に引っかかって出にくい」という場合に向いている。
 また、咳き込む程でなければ『ストナ去痰カプセル』を使って喉を潤すという方法もあり、そちらの方が体への負担がより少ない。
 熱感はあったそうで、花粉症もあり明日も仕事だというため、眠くなる成分が入っておらず体力の維持を考えて『麦門冬湯』を案内した。
 体内の乾燥が原因の可能性もお話して、上半身を潤す作用があることを説明すると、『麦門冬湯』に変更となった。
 熱感があったということは、体内では発熱して内臓がダメージを受けていると考えられるため、胃に負担をかけないよう消化に良い食事をすることと、体は炎症して治したがっているので、温かい物を積極的に飲食して体に炎症する必要が無いことを教えるようお話すると、ここのところ冷たい物ばかりだったとのこと。

 やや高齢のお客様から指用のサポーターを求められヒアリングすると、ヘバーデン結節とのことで指用のサポーターを購入された。
 しかし本来はヘバーデン結節で痛むことは少ないとされているのだが、お客様は痛みがあり、整形外科には一回だけ行き、「これくらいなら大丈夫」と言われて以来、行っていないという。
 ヘバーデン結節は指の関節が変形する訳だから、進行すると骨が神経に触れて痛くなる事もあるため、改めて受診するよう勧めた。
 また、お客様は内科には通院していて、ヘバーデン結節の話は医師にしていないというので、科目が違っても相談してみるよう勧めた。
 科目が違うと全く相手をしてくれない医師もいるが、医師の情報を知ってるのは医師でもあるから、自分の出身の大学や病院の知り合いの医師を紹介してくれることもあるし、SNSで活発に交流している医師もいるので、まずは目の前の医師に相談してみた方が良い。
 それにしても、へパーデン結節は感染症ではないのに、どうして最近になって急に来店する患者さんが増えたのだろう?

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート