自分の薬は自分で買う癖をつけないと危ないです

 お客様から風邪薬を求められたけれど、咳は無いとのことで、主訴は喉の痛みだそうだからから、鎮痛剤を提案したものの反応がイマイチだったため、『ペラックT』を紹介すると購入された。
 喉の痛みは風邪とは限らず、食道が炎症しているケースも考えられるから、どちらにしても患部である喉の刺激を避けるのに、噛まずに済む食事をするよう勧めた。

 夫婦のお客様が来店し、奥さんが『ナザールスプレー』を選んでご主人に預けると、どこかへ行ってしまい、ご主人は外用消炎剤の棚で系統の異なる薬を次々と見較べていて、使用期限の関係で値引きしてあったインドメタシン製剤の『ボルタレン液』を手にしてレジへ持ってきた。
 念のため、鼻炎の症状は痒みがあったりクシャミしたりするのか尋ねてみたが、患者は奥さんということなのに、ご主人は「大丈夫だと思う」というお返事だけで、奥さんを呼び戻してはもらえなかった。
 そしてお会計をしながらも、貼り薬は塗り薬も成分によっては血液中に入っていくので、他に使っている薬が無いかとか、持病の確認が必要なことを伝えたのだけれど、聞いていない様子だった。
 『ナザールスプレー』は血管収縮成分の作用によって鼻水を止めるのだけれど、血管が収縮するということは血流が悪くなって栄養が行き渡らなくなるということでもあるため、一日の使用回数を守っているか、長期連用になっていないかというのも確認したいところ。
 奥さん、ご主人に薬を買うのを任せて自分が消えてしまってはいけません(;´Д`)=3

ナザール「スプレー」ポンプ
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート