「ネットで見た」という情報だけでもアヤフヤなのに、頼まれ物だと選ぶ決め手すら無い

 お客様が成人の娘さんから、ニキビに「命の母を頼まれた」というのだけれど、『命の母A』なのか『命の母ホワイト』か分からないという。
 『命の母A』は精神的に不安定だったり興奮しやすいという場合に適応して、『命の母Aホワイト』の方は肉体的な疲労や食欲の低下などといった時に向いている。
 娘さんは「ネットで見た」と言っているらしいのだが、どんな情報を見たのかも不明。
 娘さんは体力があって元気だというから『命の母ホワイト』は合わないようにも思えるが、ニキビに使うとなれば血流を良くするのは悪くないはずと思い、年齢も若いから『命の母ホワイト』の方を案内して、お買い上げいただいた。
 買いに来れない事情があるのか分からないが、やはり本人に来店してもらいたいところである。
 それにニキビの状態も見ないと、これもまた選ぶ決め手が無い。
 赤ニキビの内服薬には『清上防風湯』が使えるし、生理と連動してるようならば『桂枝茯苓丸加料よく苡仁』も使えるので、お客様に紹介したうえで保険の適用薬でもあるから、病院を受診してみるように勧めた。
 ニキビの塗り薬には市販されていない物もあるから、長く患っているようなら市販薬に頼るより受診した方が断然良い。

命の母ホワイト

 お客様が目薬の棚を見ている時に案内を申し出ると断られたけれど、その後に引っかき傷の相談をうけて『ヒビケア』を案内したところ、以前に血行良くする薬でかぶれたというため詳しく訊いてみると、ヘパリン類似物質が入っている物のようだった。
 ヘパリン類似物質だからかぶれないということは限らないが、他に何が入っていたのかが分からないと、なんとも判断しにくい。
 知人からはベビーパウダーを勧められたらしく、患部を保護して自然治癒を待つ『オロナインH軟膏』を提案すると購入された。
 『オロナインH軟膏』は消毒薬なので、特に傷を治す効果は無いのだけれど、ワセリンの油分で膜を張り患部を保護してくれるから、つい傷口を触ってしまうのも防げる。

オロナインH軟膏
LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート