薬選びが分からない時は相談を、予算は早めに教えて下さい

 お客様が風邪薬を色々と見ていたので、作業中に何度も「いらっしゃいませ」と言ってみたけれど反応は無く、レジに『プレコール持続性カプセル』を持ってきてから「どれがいいか分からん」と言われた。
 それなら、レジに持ってくる前に相談してくれれば良いのに……。
 主訴は、鼻水と咳と喉の痛みとのことで、発熱は無いようだから『ベンザブロック咳止め』を提案すると、1,000円以内の安い物を希望され、ちょうど湿った咳の音も聞くことができ『ブロン錠』を案内してみたけれど、販売期限間近で値引きになっている『エスタックイブTT』が目についたようで、そちらを購入された。
 予算については訊きにくい項目でもあるから、先に行ってもらえる方が有り難い。
 家の事情でシャワーで過ごしているというため、太い血管の通っている背中側に浴びる方が温まり血流が良くなることをお話しした。
 少しでも長く浴びるのために、シャワーに背中を向けたまま髪や体を洗うよう勧めた。

 お客様から『マードレトローチ』しかトローチは無いのかと尋ねられたので、そんなことは無いけれど『コルゲンコーワトローチ』は消毒系であることを説明したうえで、『マードレトローチ』には抗炎症剤と患部を冷やす成分が入ってることを説明すると、主訴は喉の痛みということから、そのままお買い上げ頂いた。
 ただ、その喉の痛みは花粉症のようだというので、粘膜の炎症という点では確かに同じだから、花粉症には腸の働きが関係することを説明した。
 腸の働きが悪くなると、腸は外から襲来するモノの敵味方を識別をしているから、誤認することが多くなり無害な花粉に対して攻撃をしてしまい花粉症を発症してしまう。
 だから腸の働きを助けるために、入浴してお腹を温め、下半身に厚着をして、消化のしやすい食事で腸に負担をかけないようにするのが良い。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート