薬を使う本人は怖がっていないという恐怖体験は、下手な恐怖番組より怖い

 お客様から『ロートビタうるる洗眼W』と『ロートビタフラッシュ』の違いを尋ねられたので、炎症には前者の方が向いていると答えた。

 主訴は花粉症で、洗眼は悪いことではないけれど、価格と使う回数のことを考えると、目薬の方がコストパフォーマンスが良いのではないかとお話しすると、『アルガードクリアブロック』をお買い上げ頂いた。

 お客様には花粉症の症状が強く出る時というのは、腸の働きが悪くなっている可能性があることを伝えた。

 花粉症は体が花粉を敵だと勘違いすることで、体から異物を追い出そうと涙や鼻水を出し、敵を倒すために炎症を引き起こす。

 その敵味方の識別をしているのは第二の脳とも言われている腸で、腸の機能が正常になれば敵味方の識別も正しく行なえ、花粉症の症状も治るのだ。

 よく「ヨーグルトが花粉症に良い」と言われるのも、ヨーグルトが花粉症に効く訳ではなく、腸の働きが助けられるからである。

 だから簡単な養生法としては、温かい物を積極的に飲んだり入浴をして、風呂上がりにはお腹周りを冷やさないように下半身に厚着をしておくこと。

 お客様は家に帰ってから、お風呂にお湯を溜めるのが待てないというため、太い血管が通っている背中側に重点的にシャワーを浴びるよう勧めた。

 それこそ髪や体を洗っている間は、シャワーに背を向けて少しでも長く浴びるのが良い。


 お客様が『イブA』と『太田胃散』をレジに持ってきたので、前者は無印でなくても良いのかということと、後者は花粉症の薬を現在は飲んでいないかを確認した。

 無印の『イブ』と『イブA』の区別がついていない人は多い。

 また、『太田胃散』を始めとした総合胃腸薬は、処方されている成分の種類が多く、高血圧などの持病に影響しやすいうえ、他の薬ともぶつかりやすい。

 花粉症の薬、主に鼻炎薬と併用すると鼻炎薬の効き目が弱まることが考えられるのだ。

 困ったことに、鎮痛剤や風邪薬は持病や他の薬との影響を気をつけようと相談してくる人はいても、胃腸薬を気をつけようとする人は皆無と言っても過言ではない。

 こうして地道に声掛けしていると、腎臓病や甲状腺異常のある人と遭遇して「ちょーと、待って下さい(゚д゚)!!」というケースもあり、お客様は怖がってないのに、コッチが怖い思いをする。

 担当医か調剤している薬剤師に、使用する前に確認してみるよう勧めても、「昔から飲んでるから」と気にも止めない人がいて、たまに「買いたいのに売ってくれなかった」と苦情が入り、店長や上司から注意を受けて落ち込んだ私が酒をあおって体調を悪くするハメに(ノД`)シクシク

 ……なんか変なスイッチが入った。

 今回のお客様も、無印の『イブ』と『イブA』の違いを意識していなかったようなので、無印と違ってAには鎮静剤が入っているため車の運転などには気をつけることと、一応薬は他の薬との併用に気を使う物なので、薬を買うさいには、まず店員を捕まえて選ぶ方法もあることを伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。