特定の銘柄の薬を足で探すのは大変! 見当たらなければ相談を

 お客様に花粉症に『アルガードマイルド』をお買い上げいただき、症状を抑えるには腸の働きを助けるのが良いことをお話ししたところ、「そうなんですか」と驚かれた。

 花粉症は体の免疫機能が花粉を敵だと判断して攻撃するから起こる症状であり、敵味方の識別には第二の脳とも言われている腸が関わっている。

 つまり腸の機能が低下していると、敵味方の識別ができなくなってしまうのだ。

 では腸の働きを良くするにはどうするかというと、乳酸菌を積極的に摂るとか消化に良い食事をするとか色々と方法は考えられるのだが、考えれば考えるほど難しくなってしまう。

 だから私は簡単な方法として、積極的に体を、特に下半身を温める工夫を重ねることを勧めている。

 涼しい部屋で過ごしても何かを飲む時は電子レンジなどで温めるとか、のぼせないように飲み物を用意してお風呂に長めに入るとか、上半身は薄着をしてもお腹周りが冷えないように下半身に厚着をするというようなことである。


 お客様から『アレルギールSK』を求められ、うちのお店には置いていないので似た処方の『ウイルクイックPVAクリーム』を紹介すると、お買い上げいただけたがステロイド剤だとは知らなかったようだ。

 むやみにステロイド剤を怖がるのも困るが、全く意識されないというのも危ないので、薬を買う時には相談してみるよう勧めたうえで、今回のように特定の銘柄を足で探すのは大変だから成分表示を手元に残しておくようお話しした。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。