お薬手帳は、薬を飲んでいないような健康な人も持ち歩きましょう

 花粉症に『ロートアルガードクリアブロックEXa』を購入されるお客様に、花粉症は免疫機能が異常を起こして花粉を敵と認識し、追い出そうとして涙や鼻水を出させ、戦うために炎症を引き起こすことを説明した。

 そして、敵味方の識別をしているのは腸であり、腸の機能が正常になれば花粉に反応しなくなるから、腸の働きを助けてあげるのが肝心。

 その方法としては、積極的に腸を温めてあげること。

 何かを飲む時には電子レンジなどで温め、お風呂はゆったりと入り、普段からお腹回りを冷やさないように下半身に厚着をする。

 お客様にそうお話をすると、「やってみます!」と力強い返事を頂いた。

 なんだかこっちも、俄然やる気が湧いてきた。

 いや、何の「やる気」か分からんけど。


 お客様から『ロキソニンテープ』を求められたけれど、医師や薬剤師から「ロキソニンでなければならない」と指導されていないのなら、他の選択肢もあることをお話しすると、主訴は寝違いで、明後日には病院に行くつもりとのことだった。

 とりあえず急激な痛みの初期症状には強めの薬を使って、症状に合わせて弱い薬にステップダウンしていく方法があることを話し、インドメタシン製剤を紹介したところ、内服している薬は無いというので血流に浸透していきやすいジクロフェナクトリウム製剤も案内してみた。

 すると、価格と効き目について尋ねられたので、直接は関係しないことを説明したうえで、メーカー名にこだわらなければ安い商品もあることをお話すると、『ジクロファインZ』を購入された。

 お客様には、使った薬を医師に伝えることも大事なことと、でも商品名では分からないこともあるため成分表示をお薬手帳に貼っておくよう勧めた。

 お薬手帳は、特別な薬を飲んでいないような健康な人も持ち歩いた方が良い。

 例えば交通事故で意識不明になった場合、救急隊員はお薬手帳などで使用している薬が分からないと、何も処置をしないで病院へ運ぶことも考えられ、お薬手帳で持病が無いと分かれば、出来る処置から手をつけられるので、処置の速さは救命率にも関わってくる。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。