提案する薬は、効果と副作用だけでなく用途や使い方なども含めて考えています

 若いお客様が、無造作に鎮痛剤・風邪薬・酔いめ薬・下痢止め・胃薬など、ほとんど何も確かめずに次々カゴに入れていたため心配になり声をかけてみたところ、海外渡航の準備とのことだった。

 総合風邪薬には必ずと言っていいほど咳止めが入っていて、風邪をひいたさいに症状がいっぺんに幾つも出るというのは案外と少ないから、使い勝手が悪いことを説明した。

 鎮痛剤を購入するのであれば、鼻炎薬や咳止めなど症状別に揃えておいたほうが使いやすい。

 また、荷物を少しでも少なくしたいという観点で考えれば、向こうの国で入手しにくい薬を備えておいた方が良いとお話しした。

 そういう意味では鎮痛剤や咳止めならば、比較的入手しやすいと考えられるから、食中りの下痢に使う『正露丸』と、風邪と胃腸炎のどちらにも使える『柴胡桂枝湯』を紹介したところ、後者をお買い上げ頂いた。

 他に塗り薬の抗生剤とステロイド剤があると安心とお話ししてみると、家に『液体ムヒS』があるというので、忘れずに持っていくよう勧めた。

 それから、よくよくお話を聞いてみたら、家には『センパアQT』があるそうで、それは水が無くても飲めるチュアブル錠だから、お客様が選んだ酔い止め薬より使いやすいことを伝えると、それはキャンセルとなった。


 子供を連れたお客様が薬を子供に選ばせていたので気にかけていたところ、『ムヒのこどもかぜシロップ』をレジに持ってきたのでヒアリングしてみたら、熱は無く咳だけだというため『ムヒのこどもせき止めシロップ』を提案すると、両方を購入された。

 薬は本人が選んだ方が良いとはいえ、子供に選ばせるのは極端というもの。

 お会計してる時にちょうど子供が咳をして、湿った咳の音を聞けたので、内臓が冷えている可能性をお話しして、積極的に温かい物を飲ませて、お腹周りに厚着をさせるよう勧めた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。