患者さんへのヒアリングを深めたいけれど、目的に合わせた選択も大事

 お客様から『葛根湯』を求められ、お会計しながらヒアリングすると、主訴はクシャミと頭がボーッとする事というので、上半身を温めて血行を良くするから適応することを伝えた。

 それは裏返せば、喉が痛いとか咳がある、または既に発熱しているというような、上半身を温めると具合が悪化する症状には使えないということである。

 そういう場合には、上半身を冷やす『銀翹散』が有効だ。

 また『葛根湯』は、早め早めに飲むのが効果的なので、家に置いておくよりも持ち歩くよう勧めた。


 お客様が『セイロガン糖衣A錠』をレジに持ってきたさいに、『正露丸』から炎症と痙攣を抑える二つの生薬が抜いてあることを説明すると、食べる度に下痢することがあり、これから旅行のため不安というので、 もう少し確実に止めるものとして『ストッパ下痢止めEX』を紹介すると、迷った末に変更となった。

 お客様が余計に迷うといけないので今回はお話しなかったけれど、同じ『正露丸』という名前でも、大幸薬品と他社の製品とでは処方内容が違い、他社の製品ならば腸の活動そのものを抑えるロートエキスの入っている物があるので、そちらを選択するという方法も考えられる。

 それと本来ならば、食べるとお腹を下すという方に合わせて対応を検討したいところだった。

 整腸剤の『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』も候補になるし、漢方薬では『』も候補になる。

 肉類が原因のようであれば、『タナベ胃腸薬ウルソ』も考えられる訳で、旅行とは別にまた相談してもらえるかしら。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket