歯磨き粉の成分を無駄にしないためには、歯を磨いた後のうがいは一回だけ

 女性の親子のお客様が『のどぬーるスプレー』をレジに持ってきたけれど、それは殺菌が目的だから、抗炎症成分のアズレン製剤を紹介したところ変更となった。
 スプレー製剤はもちろん、トローチなども薬の形より成分で選ぶのが重要なことを伝えた。
 すると2種類の歯磨き粉の比較を尋ねられ、皮膚の再生を促すアラントインと血流を良くするビタミンEの入っている方を勧めた。
 また、歯を磨いた後のうがいは一回だけにしたほうが、成分を全て洗い流さずに済んで無駄にならないことをお話しした。
 歯磨きした後に、何度もうがいしてしまっては歯磨き粉を使う意味が無くなってしまう。
 それならいっそ、歯磨きをする前にうがいをして虫歯の原因菌と食べカスを、ある程度流しておいた方が効率的。
 お客様からは、「勉強になりました」と言ってもらえた。

 若いお客様が小林製薬の『ノコギリヤシ』と『ノコギリヤシEX』を比較したところに声をかけてみたら、頻尿とのことだったので『八味地黄丸』を紹介した。
 医薬品メーカーということで信用されているけれど、サプリメントに関しては「やらかした過去」があるから、私はオススメしない。
 また、疲労感がある場合の頻尿にと『サモンエース』(知柏地黄丸)も紹介すると、以前に『ユリナールb』(清心蓮子飲)を使ってみて効くかなかったというため、年齢的にも、ガッシリた体格的にも合わないと思われることをお話しして、今回は『八味地黄丸』を試していただくことになった。
 お客様は、かなり前に病院を受診したきりで、ストレス性と診断されて処方された薬が効かなかったようだが、その薬の名前を覚えておらず、医師がどんな判断をしたのかも分からない。
 頻尿は水の飲み過ぎとは限らず、塩分を摂りすぎるとそれを排出しようとしてトイレが近くなることもあるとお話ししたところ、味の濃い食事が好きとのことだったから、やはり関係しているかもしれない。
 またシャワー派とのことだったが、お風呂に入ろうと思えば入れるというので、入浴をして内臓を温めるのも養生法であることを伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート