総合風邪薬は胃腸障害を起こしやすいので、お腹を下していたり吐き気がある時は注意

 お客様が『OS-1』を購入されるさいにヒアリングすると、成人の息子さんがインフルエンザとのことだった。
 発熱が続いてるのであれば『OS-1』を使うのには適しているが、下がってきたら不要であることを説明した。
 また当然のことながら、本人の食事は内臓を休めるためにも消化に良い食事をすることと、家庭内の感染を防ぐために手洗いの回数を増やし、手の触れる場所の拭き掃除をするよう勧めた。

 お客様が『エスタックイブファインEX』をレジに持ってきたけれど、成人の息子さんが使うそうで、咳は無く、お腹を下しているというため『柴胡桂枝湯』を案内して変更となった。
 現代薬の総合風邪薬には、お腹の症状や吐き気に適応する物は一つも無くて、むしろ副作用として胃腸障害が現われやすいから、そういう時には漢方薬の出番である。
 そのため、漢方薬が嫌いとか飲めないと言われてしまうと、実は対処のしようが無い。
 今回は、案内した『柴胡桂枝湯案』をお買い上げいただけた。
 お粥が良いか尋ねられ、日本式は意外と消化に悪いので中国式に米を砕いて作るか、豆腐など柔らかい具を用いた味噌汁を勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート