同じ銘柄でも処方内容が異なる薬があるので、患者さん本人へのヒアリングをしたい

 高齢のお客様から『スクラート胃腸薬』を求められ、無印の方は普段から元気な人が食べ過ぎてしまった場合に向いていて、Sの方は普段あまり食べない人や疲労が原因と考えられる場合に適していることを説明すると、頼まれ物でどちらか分からないというのに無印の方を購入された。
 お客様には、胃の症状の簡易的な鑑別として、水とお湯のどちらを飲んで楽になるかを調べてみる方法を教えた。
 水を飲んで楽になるようであれば胃炎を起こしていると考えられ無印の『スクラート胃腸薬』が候補となり、お湯を飲むと楽になるようならば胃が冷えているか疲れている可能性が高いので『スクラート胃腸薬S』が適応する。
 また、他に何か持病があったり服用している薬がある場合には、胃腸薬は気をつけなければならない項目が多いことを本人に伝えてもらえるようお願いした。
 他に、お客様自身はモノモライの目薬が欲しいとのことだったので、『ロート抗菌目薬EX』を案内し、一緒にお買い上げいただいた。

 高齢のお客様が来店し、腰から膝裏が重だるいという相談を受けた。
 『ボルタレン』の外用消炎剤を使ったことがあるというので、ゲル剤と液剤を案内してみたけれど、以前に大怪我をして血管が潰れたことがあるというため受診勧奨し、本日はお帰りになった。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート