鼻炎薬と総合風邪薬を併用するつもりだった? 家にある薬の活用も忘れずに

 お客様が『パブロンエースPro』をレジに持ってきたけれど、高校生の子供が発熱して鼻水が出ているというのだが咳は無く、家には無印の『イブ』があるという。
 そして鼻水の色は不明なものの、『』を使っているとのことだった。
 『』を使ってるとなると総合風邪薬を併用する訳にはいかないので、鼻水は『』に任せて、『イブ』で発熱だけに対処する方法を提案した。
 また、内臓が冷えて出ることが多い鼻水は、積極的に温かい物を飲んだり下半身に厚着したりすれば改善する可能性が高いこともお話した。
 しかしそれだけでは鼻水の方が不安のようだったため、『』を一時中止して『パブロン鼻炎カプセルSα』と無印の『イブ』との併用を勧め、『パブロン鼻炎カプセルSα』をお買い上げいただいた。
 果たして、本人が来ていたらどう選択しただろうか。
 個人的には15歳にもなったら、薬は自分で相談して判断する練習をしてもらいたいところ。
 それができない大人が多いから。
 お客様には、風邪をひいている時には体を休めることが重要だけれど、この「体を休める」というのは「内臓も含めて」なので、食事はスープなど消化しやすい物にして食べ過ぎないようにと伝えた。

 やや高齢のお客様が来店し、喉の痛みと口の渇きがあり、以前に『ベンザブロック咳止め』を飲んだとのことで、今回はスプレータイプの薬を希望されたためアズレン製剤を案内して、お買い上げいただいた。
 喉の痛みと口の渇きがあるというのは、風邪ではなく胃炎を起こしてる可能性も考えられるので、しばらくは消化に良い食事するように勧めた。
 また、冷たい物を食べたり飲んだりすると、体の方はそれに対抗しようとして余計に患部を炎症させようとするから、積極的に温かい物を飲食したり、しっかり入浴をするようお話した。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート