褒められると伸びるタイプなので、積極的に褒めて下さい

 お客様から、うがい薬を求められたので現に喉が痛む時には殺菌成分は刺激物でもあるから、むしろ避けた方が良いことをお話ししたところ、使うのは家族とのことで本人に電話をしていただくと、喉がイガイガするという。
 また、痰が喉に落ちて咳にもなるというため胃を悪くしている可能性をお話しして、患部を冷やしながら潤す『龍角散ダイレクトスティック』を紹介すると、そちらをお買い上げいただいた。
 うがい薬を考えたのは本人がトローチを嫌がるからとのことだったが、薬の形より成分が大事なことを伝えた。
 それに、殺菌消毒を目的にしたうがい薬を使いすぎると、体を守る菌まで倒して無防備になってしまう。

 お客様から『葛根湯』の質問を受け、適しているのは上半身を温めると良くなる症状であり、具体的には鼻水が出るとか肩が凝っているときなどで、反対に温めると具合が悪くなる喉の痛みや咳がある時には使えないことと、発熱してからでは遅いため早め早めに使うのが効果的であることを説明すると、購入された。
 また、『葛根湯』とは反対に冷やして症状が良くなる場合に用いる『銀翹散』と、発熱したり体の節々が痛む時に使う『麻黄湯』と、熱が下がった後にぶり返すのを防ぐために体を支えたり、疲労感や吐き気がある時に適応する『柴胡桂枝湯』も紹介した。
 それから、ご主人が一週間ほど咳が続いていて、もともと喘息があるというので空咳は胃炎の可能性もあることをお話しして、胃に優しい食事をするのが養生法であることを説明した。
 さらに、子供が透明な鼻水が出るというため、それは内臓が冷えていると考えられるので積極的に温かい物を飲食し、入浴をさせてから下半身を厚着させるように勧めた。
 お客様からは、「医者より分かりやすかった」と言ってもらえて恐縮。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート