鼻水・鼻づまりは起きている現象が違えども、体内の熱を循環させるのが大事

 夫婦のお客様が来店し『コンタックかぜEX』を選ばれたが、奥さんの主訴は喉の痛みと咳で、発熱や鼻炎は無いというため咳止め薬を提案したものの風邪薬を希望されたので、喉の痛みにトラネキサム酸を足してある『ルルアタックEX』を紹介し変更となった。

 お客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は鼻水と鼻づまりを行ったり来たりしており、咳はあるというので、同じ総合風邪薬でも少し鼻炎に振ってある『ルルアタックNX』と『エスタックイブ NT』の方が向いていることをお話したところ、後者に変更となった。
 また、お客様には鼻水と鼻づまりでは起きている現象が違い、鼻水は内臓の冷えが原因であることが多く、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症して膨らむことで起きることを説明し、体内の熱を循環させることが養生法になるため、熱は上に昇りやすいのを利用して、入浴することと温かい物を積極的に飲んだり下半身に厚着するよう勧めた。
 そして、どちらにしても鼻炎や咳は、胃の不具合とも関係するので消化しやすい食事をするのも良い。
 お客様には、立ってる者は親でも使えという言葉があるように、立ってる店員は遠慮無く使って下さいと伝えた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート