薬を買うときには、誰が使うのかを最初に教えて下さい

 赤ん坊を連れたお客様が『パブロンSゴールドW』をレジに持ってきたけれど、主訴は喉の痛みと肩の痛みで咳は無く、授乳してるというため『タイレノール』と『ペラックT』の併用を提案したところ購入された。
 一応は安全だけれど、できれば授乳の後に服用するように伝えた。
 また、炎症している喉に食べ物が擦るのも良くないので、噛まなくて済む食事をするように勧めた。

 お客様が『パブロン鼻炎カプセルSα』を二箱購入されるのでヒアリングすると、しょっちゅう鼻水が出て、花粉症も一年中というため温かい物を積極的に飲んで入浴を勧めると、患者はご主人とのことだった。
 薬を誰が使うかは重要なので最初に尋ねたいのだろけど、話の流れというのもあって後回しになってしまうことも。
 できれば、早い段階で患者が誰か教えてもらいたいところ。
 ご主人はシャワー派だそうなので、腸の働きが悪くなり、外敵の識別能力が落ちることで花粉症の症状が激しく出ることを説明し、腸の働きを正常に保つためには入浴したりは下半身を厚着したりするのが良いことをお話しした。
 ヨーグルトが花粉症に良いという話があるが、あれはヨーグルトが薬のように効くという訳ではなく、腸の働きが正常になれば外敵の識別も正確になって、花粉は敵じゃないから攻撃を止めようということになるのだ。
 なので、意識して温かい物を積極的に飲むようにするのも効果的。
 もし入浴せずにシャワーだけで済ませるのであれば、首から腰にかけて背中側に浴びながら髪を洗ったり体を洗ったりして、少しでも長く浴びるように勧めた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート