下痢止め薬を長期連用すると、それが下痢の原因になるかも?

 夫婦のお客様が来店し『ベンザブロックL』を購入されるさいにヒアリングしたところ、患者であるご主人の主訴は喉の痛みだけというから、咳止めや鼻炎薬の成分が体には不要な物で体への負担が大きくなってしまうため、喉の痛みに効能を特化した『ペラックT』や鎮痛剤を使う方法を提案したうえで、お買い上げいただいた。

 また、喉への刺激を避けるために胃に優しい食事を勧めると今夜はラーメンのつもりというので、食べ過ぎにも注意するようお話しした。

 喉の痛みというのは風邪とは限らず、胃炎の可能性も考えられるからだ。


 高齢のお客様が『ストッパ下痢止めEX』を買いにみえたけれど、成人の息子さんが毎日のように服用していて受診したことは無く、『ビオフェルミンS』も服用してるというので、難治性の病気が隠れている可能性もお話しして受診勧奨した。

 下痢止め薬の処方内容にもよるが、多くは内臓の働きをわざと悪くすることで下痢を止めるので、常用していると便秘になるばかりでなく胃腸の消化機能も低下して、ますます下痢の原因となってしまう可能性もある。

 そのため、普段使いに『桂枝加芍薬湯』を紹介したところ、『ストッパ下痢止めEX』の購入を取りやめてお帰りになった。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。