胃の症状は多岐に渡るので「お気に入りの一つ」より、候補を多く用意しておきましょう

 お客様が『ガストール』を購入されるさいにヒアリングすると、主訴は胃痛や胃もたれで、いつも疲れているというため、M 1ブロッカーの『ガストール』は胃酸が出るの抑える薬であり、胃痛には効果があったとしても反対に胃もたれの原因になる可能性があるので、他の候補も用意しておいた方が良いとお話しして、『スクラート胃腸薬S』を紹介した。

 また、胃の状態を簡易的に鑑別する方法として、温かいお湯を飲むのと冷たい水を飲むのとで、どちらが楽になるかを試してみるのを教えた。

 お湯を飲んで楽になるとすれば胃が冷えているか機能が低下してると考えられ、『スクラート胃腸薬S』や『六君子湯』のように整胃作用のある胃薬が向いている。

 水を飲んで楽になる場合には、胃酸の逆流や胃炎などを起こしてる可能性が高く、『ガストール』のように胃酸の出過ぎを抑えたり過活動を抑制する『半夏瀉心湯』が適応する。


 仕事で足首を捻ったとのお客様が、同僚からは冷やすように言われたというため、初期はその通りですと応じたうえでインドメタシン製剤の『バンテリンEX液』を勧め、お買い上げいただいた。

 ただ、この「初期に冷やす」というのは、それこそ氷水を当てて感覚が無くなるまで強烈に冷やすことが必要なことも伝えた。

 冷却シートや冷感湿布では、駄目なんである。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket

 
No tags for this post.