子供の症状や好みなどを親が思い込みで決めている場合もある

 お客様から『龍角散』を求められ売り場を案内すると、『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』を選ばれたので、念のため去痰剤が入っていないことを伝えると、患者は子供だという。

 『龍角散ダイレクトスティック』の方には患部を冷やす成分の他に去痰剤が入っているのに対して、『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』に入っていないのは、舐めることにより喉を潤すからだろう。

 水無しでも解ける顆粒タイプにするか、トローチタイプで舐めるかは本人の好みもあるだろうから、確認してみてはどうかと提案したところ、お客様が電話で子供に確認をして、そのまま『龍角散ダイレクトマンゴートローチ』を購入された。

 細かなことではあるが、子供の症状や好みなどを親が思い込みで決めている場合もあるから、本人への確認は必要だと思う。

 子供は咳もあるというため、 胃に負担がかかると咳が酷くなることをお話しし、消化に良い食事に切り替えて量を控えさせるようにと伝えた。


 お客様から『新ルルA錠』が良いか尋ねられヒアリングすると、子供が喉の痛みを訴えているという。

 咳が無いのであれば、『ペラックT』や『龍角散ダイレクトスティック』など喉に特化した薬や、アセトアミノフェン製剤の鎮痛剤でも良いことを説明すると、『葛根湯』が家にあるというお話だった。

 しかし上半身を温める『葛根湯』は余計に喉の痛みを強めかねないので、反対に冷やす『銀翹散』を勧めると、お買い上げいただいた。

 また喉の痛みは風邪とは限らず、胃炎の可能性もあることをお話しし、どちらにしても消化に良い食事に切り替えて、喉への刺激も減らすのために噛まないで済む食材や調理法をと伝えた。

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket