家にある市販薬が使える症状ならば、先に使うよう提案しています

 お客様から『アスクロン』を人から頼まれたと求められたけれど、同じ咳止めの薬でも喘鳴がしたり息苦しさがあるといった咳向けである事を説明したところ、お客様自身は漢方薬を希望されたので『半夏厚朴湯』を紹介したところ、両方を購入された。
 お客様には、『半夏厚朴湯』は緊張緩和にも適応することを伝えた。

 高齢のお客様が『ヴィックスドロップ』を購入されるさいにヒアリングしたところ、喉がイガイガするというので胃炎の可能性をお話すると、食道の弁の手術をしたことがあるというため上半身を潤して胃薬としても働く『麦門冬湯』も紹介した。

 常連のお客様が『パブロンSα』と『パブロンSゴールドW』を比較していたので声をかけたところ、ご主人が喉の痛みを訴えているとのことだった。
 前者は鼻炎がある風邪向けで後者は咳と痰が酷い場合に適応することを説明したうえで、『ペラックT』を提案してみたところ、家にあるというので先に使ってみるようお話しして、喉の痛みが強ければ無印の『イブ』と併用することもできると伝えると、『イブ』をお買い上げいただいた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート