薬の年齢制限が発売後に変更になることがありますので、ご注意下さい

 『ペラックT』と『ペラックスイート』を比較していたお客様が、『ヴィックスドロップ』の棚の方に向かったため案内を申し出たが断られた。
 でも、立ち去る前に『ヴィックスドロップ』は消毒と自分の唾液で喉を潤すだけだから、実際に喉が痛い時には役には立たないかもということを伝えたところ、主訴は咳だというので『ペラックスイート』の方が適応することをお話ししたら購入された。

 子供を連れたお客様が『新ルルAゴールドDX』をレジに持ってきたけれど、使うのは子供だというので対象年齢が12歳以上に変更になったことを伝えると、子供は11歳だった。
 主訴は鼻水と咳で、鼻水はアレルギーかもというため、温かい物を積極的に飲んで入浴をし、下半身を保温すれば改善する可能性が高いことをお話しし、『浅田飴子供せきどめドロップG』を提案したところ変更になった。
 お客様には、咳をするとエネルギーを消費して脳はお腹がすいたという信号を送るけれど、食べ過ぎて胃炎を起こすと、それがまた咳の原因になるため、脳からの食欲に騙されないように量を控えることと、胃に優しい食事にするよう勧めた。
 この時には子供の顔も見て、子供にも話しかけるように説明した。
 お客様から「コーンスープで良いですかね」と尋ねられたので、「具は少ない方が良いですね」と答えた。

 やや高齢で常連の中国人のお客様が来店し、喉と体の節々が痛いというので『麻黄湯』を勧めたところ、家では『ナロンエース』を飲んでいたというので、辛い時には併用しても大丈夫なことをお話ししたうえでお買い上げいただいた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート