市販薬は似た名前で迷うことがあると思いますが、迷ったら相談を

 『ペラック』シリーズを見ていたお客様が『ペラックスイート』を購入されたので、喉の痛みより咳止めとしての効果があることを伝えたところ、患者は7歳の子供で、咳で夜も眠れていないようだというため、効果が期待できることをお話した。
 喉の痛みを抑える『ペラックT』と勘違いして『ペラックスイート』を購入する人もいるので、内容の違いをこうして声をかけて確認している次第。
 お客様のお話によると、以前は『新ルルAゴールドDX』を使っていたそうで、年齢制限が変わってしまい『ペラックスイート』を使うことにしたというため、むしろ総合の風邪薬を使うより症状に合わせるのは良い選択ですと伝えた。
 また咳の原因が胃炎の可能性もあるため、咳が出ている間は消化に良い食事をさせるよう勧めた。
 咳があると風邪と考えがちだが、気道と隣り合っている食道の炎症に神経が反応して咳になったり、胃炎を起こしていると覆いかぶさっている肺が乾燥して咳になるケースがあるので、咳がある時には念のため消化の良い食事に切り替えるのが良い。

 お客様が『プリザS軟膏』を購入されるさいに、念のため痔の薬としては強い部類であることと、出血している場合には止血剤が入った『プリザエース』や、痒み程度であれば『ボラギノールM』などの選択もあることを説明した。
 以前に病院に行ったことはあり、医師から市販薬で良いと言われているとのことで、そのままお買い上げいただいた。
 お客様はシャワー派だそうだが、入ろうと思えば入れるというため入浴を勧めたうえで、シャワーに背を向けて腰周りに浴びるよう勧めると「納得いった」と言ってもらえた。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート