市販の総合風邪薬で一番怖い副作用は「効いた」と錯覚することかもしれません

 若い女性のお客様が『パブロンAゴールド』と『熱さまシート』をレジに持ってきたのでヒアリングしたところ、患者は彼氏で、咳は無く主訴は微熱とだるさだというため、すでに体力が低下していて熱が出せない可能性をお話し『柴胡桂枝湯』を紹介してみたが、粉は飲めないとのことだった。

 咳が無く微熱の症状で『パブロンAゴールド』を服用すると、体調が良くなったと錯覚してしまい、症状をこじらしてしまう可能性があるから、本当のところは避けてもらいたいのだけれど。

 代わりに体を下支えするために『ヒストミンゴールド液プラス』を案内し、そちらをお買い上げ頂いた。

 そしてその消化にもエネルギーが必要なので、無理に栄養を摂ろうと食事をさせずに、インスタントスープなどで水分と塩分を摂るだけにするか、消化に良い食事をさせるように勧めた。


 お客様から「太田胃散のように毎日飲める胃薬をちょうだい」と言われて胃腸薬の棚を案内すると、探していたのは『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』だった。

 そもそも『太田胃散』も毎日飲んで良い薬ではないし、『ザ・ガードコーワ整腸錠α3+』との共通点はパッケージが白いということだけだし、何が何だか分からない。

 とりあえずお客様には、『太田胃散』を毎日飲むと塩分の摂りすぎになったり腎臓に負担がかかったりするので、長期連用は良くないことを伝えた。

 また『ロキソニン』も注文され、薬剤師がいないので取り扱っていない事をお話し、化学構造式の似たイブプロフェン製剤での代用を提案すると、「好きだから」とのことだった。

 そしてご主人の喉の痛みにと『のどスプレー』を選ばれたけれど、消毒系なので抗炎症成分のアズレンが入っているスプレーを紹介すると変更となった。


 

以下の記事も読まれています。

LINEで送る
Pocket