常連さんでも、相談してもらえるまでの道のりは長く遠い

 『ベンザブロックS』をレジに持ってきたお客様にヒアリングしてみると、主訴は鼻づまりと少し咳があるだけというため、鼻炎薬を使ってみてはと提案したところ、副作用で口渇になるのが嫌で他のドラッグストアーの『アレグラ』のプライベートブランドを使って効かなかったというお話だった。
 人によってはフェキソフェナジンも早く効くという話を聞いたことはあるけれど、基本的には予防薬として症状が本格的になる前に服用しなければ効いてくるまで時間がかかる薬である。
 しかも、鼻炎薬で口渇が起きるということは、同じく抗コリン作用の成分の入っている総合風邪薬を飲んでも同じ話。
 急いでるからとのことで、そのまま購入されたので、お会計をしながら入浴をしっかりして血流を改善し消化に良い食事をするよう勧めた。
 しかしそれも理由を説明できなかったので、この日記に書いておくと、鼻づまりは鼻の奥の血管が炎症し熱が上半身に篭もっているのが原因でもあるから、熱を循環させるためにお腹周りを温めた方が良く、その方法の一つがお風呂に入ることなんである。
 そして鼻の症状というのは胃の不具合とも関係するため、消化に良い食事をすることが症状の軽減につながるのだ。
 急いでいるのであれば、薬を選んでる時間で相談してもらえた方が色々とお話できたのに……、と残念に思う。

 常連のお客様が『パブロンメディカルT』をレジに持ってきたけれど、喉は痛いものの咳は少しというため、咳止め成分が覚醒剤と麻薬で体に負担がかかることを説明し、『ペラックT』と『パブロントローチAZ』を紹介したところ、前者に変更となった。
 喉の痛みは直ちに風邪とは限らず、胃炎などの可能性も考えられるため、消化に良い食事に切り替えるよう伝えた。
 常連のお客様でも、なかなか相談してもらえるようにはならない。
 なかには3年ほどしてようやく相談してもらえたというケースもあるから、地道に信頼関係を築いていくしかないだろう。

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート