手荒れ対策には石鹸やハンドソープを使わずにキッチンペーパーでこすり洗いを

 やや高齢のお客様から酔い止め薬を求められたので売り場を案内し、商品ごとに成分が異なることを説明したら、いつも『アネロンニスキャップ』を使っていて「アネロンニスキャップしか効かない」とのことで、そのまま購入された。
 ただ、「家族も同じ」と言っていたため、同じ家族でも性別や年齢が異なるように薬は相性も関係するため、その点は気をつけるようにと伝えた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から風邪薬を求められたが、主訴は鼻水と喉の痛みで鼻水は透明だというため、喉の痛みが軽度であれば鼻炎薬を使うことを提案し、喉の痛みが強いのならば鼻水の方は温かい物を積極的に飲んだり、お腹周りを温めることで対応し、喉の痛みは『ペラックT』の単独か、『イブA』との併用を勧めた。
 すると、無印の『イブ』が家にあるというので、喉の痛みには単独でも充分なことを伝え、今回の症状は胃の不具合が原因かもとお話すると思い当たるようだったため、『スクラート胃腸薬S』を案内すると、そちらを購入された。
 鼻水は内臓の冷えが関係し、胃の働きが悪くなっているさいに適応する。
 また、同じく胃の働きを助けるのに『ギャクリア』(六君子湯)も紹介したところ、海外に行くというので、風邪にも胃腸炎にも使える『柴胡桂枝湯』を案内してみた。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から手荒れの相談を受け、季節性で皮が剥けるとのこと。
 病院からはステロイド剤が処方されているそうで 、お客様は『キズカイン』を選ばれたものの、痒みは無いというため『ヒビケア』を案内したところ、使ったことがあり悪くはなかったとのことから継続を勧め、お買い上げいただいた。
 塗り薬を併用する場合には、塗る範囲の広い薬を先に使い、今回の『ヒビケア』のようにピンポイントで使う薬を後から塗る。
 また、お客様には手荒れ対策として、手を洗う時に石鹸やハンドソープなどは使わずに、キッチンペーパーでこすり洗いする方法を教えると、キッチンペーパーも一緒に購入された。
 皮膚を守る皮脂を洗い落としすぎるのが手荒れの原因でもあるので、油を落とすのに優れた石鹸やハンドソープを使わずに汚れを落とすには、キッチンペーパーでこすり洗いをするのが良い。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 お客様から虫刺されの薬を求められ売り場を案内したところ、『液体ムヒS』を自分で選び購入されたので、『ムヒSクリーム』とは成分が異なることを伝えると驚かれた。
 これを知らない人は案外と多く、痒みだけならば『ムヒSクリーム』で充分だが、炎症も強い場合には『液体ムヒS』の方を使うのが適している。
 剤形が違うと、処方内容も異なる薬は他にもあるので、分からない場合には自分で選ぶ前に相談してもらいたい。

Screenshot of www.amazon.co.jp

 

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート