この案内が実らなくても伝えたい

 お客様が『ザ・ガード整腸錠α3+』を購入された後に、軟便に服用し続けて良いか質問され、市販薬は一時的な症状の緩和を目的としていることを説明した。

 お客様は飲むとすぐ改善するというため、それなら一時的に中止してみてはとお話したところ、飲み続けたそうでもあったので、ミネラルの摂りすぎになって腎臓への負担がかかる可能性を説明した。

 お客様の不安感が強いようだったから『桂枝加芍薬湯』も紹介してみたけれど、そちらが興味は持たれなかった。

 他にできることはと訊かれ、乳酸菌が活動しやすいように、お腹周りを温めるよう勧めた。


 お客様から『イソジンうがい薬』を求められたけれど、現に喉が痛む場合には避け、毎日うがいをしているのであれば水道水で充分と説明したところ取りやめになった。

 どうも病院に通っている家族が院内感染を心配して頼まれたらしく、体を守る常在菌も大事なことを伝えた。

 心配であれば、病院の中でもマスクをしているのが良いだろう。

 他に『キューピーコーワαドリンク』を手に、栄養ドリンクはどれか良いか訊かれ、タウリン系と生薬系とがあり、効果の点では生薬の方が医薬品にも採用されている成分であることを説明すると、そのまま『キューピーコーワαドリンク』をお買い上げいただいた。


 高齢のお客様から便秘薬を求められ売り場を案内すると、『大黄甘草湯』の購入を決められた。

 しかし病院で処方された便秘薬が効かなかったとのお話があり、何の薬が分からないというため、市販薬を使ったら担当医に報告をするよう勧めたのだけれど、意に介していない様子だった。

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!