名前が違うと漢方薬だと思わない? 漢方薬だから安全?

 夫婦のお客様が来店し、奥さんが夜中にトイレに起きて一度起きると寝られないとのことで『八味地黄丸』を案内した。
 しかしお会計のさいに、家には前に買った『ハルンケア』があり、市販の薬は怖いから飲まなかったというため、同じ処方であることを説明し先にそちらを使ってはと勧めたが、そのまま購入された。
 『ハルンケア』という名前だから、漢方薬だとは思わなかったらしい。
 漢方薬なら安心と言われたが、そんなことはありませんと伝えた。
 以前に何かの薬で呼吸器に問題が出たそうなのだけれど、薬の名前も種類も覚えていなかった。
 そういう問題が起きた薬は、記録をしておかないといけません。
 そのために、お薬手帳があるので。
 遠赤外線腹巻は効かなかったとも言っていたが、やはり下半身は温めた方が良いから腹巻をすることには意味がある。
 ただ、夜中にトイレに起きるのは水分の摂り過ぎではなく、塩分の摂りすぎにより排出しようとして尿意を催すので、夕飯のメニューというのも案外と大事である。
 また水分の摂り方も重要で、腸が短時間に吸収できる水の量は決まっているから、小分けにして飲むのが良い事をお話した。

 女性二人組のお客様が来店し、頼まれ物とのことで『太田胃散』を2缶注文されたため、服用する人は高齢者か確認した。
 すると高齢者だというので、常用していると塩分の摂りすぎになったり、ミネラル成分が腎臓に負担をかけてしまうことを伝え、病院を受診しているようであれば担当医に使っていることを知らせるようにお願いした。
 若い頃から使ってるという理由で高齢になってからも同じ薬を漫然と使っていると体に良くないから、気をつけてもらいたいところ。

 お客様が『当帰四逆加呉茱萸生姜湯』を購入されるさいに、使用経験を尋ねてみると娘さんからの頼まれ物で、おそらく本人も初めてだろうとのこと。
 主訴は教えてもらえなかったけれど、当帰は血流、四逆は手足の冷え、呉茱萸は水分代謝、生姜は体全体の冷えを改善することを説明し、冷え性の人には最後の砦となる漢方薬ですと伝えた。
 私自身はスキーに行く時に服用していることと、効果があるようであれば保険の適用薬であるため病院で処方してもらえることをお話した。
 そして薬は「使った方が余計に効く」ことがあるので、本人にも伝えて下さいとお願いした。
 でもやっぱり、症状のヒアリングをするにも薬の効き方を説明するにも、養生法を伝えるのにも、代理人よりは患者さん本人の方が良いので、可能であれば来店を。

LINEで送る
Pocket

 
登録販売者から一言 壱の巻 登録販売者から一言 肆の巻「おくすり手帳と個人情報の使い方」 市販薬購入前チェックシート