患者さんの気持ちが読めない

 やや高齢のお客様が『南天のど飴』を購入されるさいに、喉の痛みより咳寄りであることを伝えたものの無反応だったため、喉を開いて呼吸しやすくする薬であることも説明すると「知ってます」と言われた。

 気分を害してしまったかもと思い、知らずに買う人が多いことを伝えると驚かれた。

 個人的に調べたのだろうか、それとも医療関係者だったんだろうか。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00LIJXMFM?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00LIJXMFM

 お客様から喉の痛みと鼻水とのことで風邪薬の相談を受け、咳は無いというため、鼻炎薬と喉の薬の組み合わせを提案すると、他のドラッグストアーでは『新ルルA錠』を勧められたというお話だった。

 お客様からは「ありがとうございます」と言われ、その後は自分で『新ルルAゴールドDX』を選んで購入された。

 『新ルルAゴールドDX』の方には喉の炎症を抑えるトラネキサム酸が入っているから良い選択だが、なぜか「喉は痛くない」と話が変わってしまった。

 それならば『新ルルA錠』で良いのだけれど、はて……?

 不思議なことといえば、そのお客様は料理本を見ながら薬を選んでいた。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00F4KG5JQ?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00F4KG5JQ

 お客様が『セイロガン糖衣A錠』をレジに持ってきたさいに、『正露丸』から抗炎症や鎮痙攣の成分が抜いてあることを伝えると驚かれたため、『正露丸』との処方の違いを説明した。

 すると主訴は下痢と腹痛で、「胃腸炎かも」というので『柴胡桂枝湯』を紹介したものの興味を示さなかったので、『エクトールDX』を案内し、そちらをお買い上げいただいた。

 処方としては、いわゆる昔ながらの赤玉と同じである。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FQGFEY0?ie=UTF8&tag=kitazonoyakky-22&camp=247&linkCode=xm2&creativeASIN=B00FQGFEY0

 

以下の記事も読まれています。

 

Got anything to say? Go ahead and leave a comment!